■第8試合 ライト級/5分3R
ジョー・スティーブンソン(米国)
Def.2R4分3秒/TKO
スペンシャー・フィッシャー(米国)

距離を詰めてローキックを繰り出すスティーブンソンは、小刻みのステップとスイッチでフィッシャーを困惑させる狙いか。ヒザ蹴りからパンチを繰り出すフィッシャーだが、元来、典型的なカウンターファイターのため、クリーンヒットはできない。

シングルレッグでフィッシャーをケージに追い込んだスティーブンソンは、ダブルレッグに切り替えるがフィッシャーはケージを背にして、耐えきる。左目じりをカットしたフィッシャー、四つ組みが続くとレフェリーがブレイクを命じる。

スティーブンソンの前進に合わせ、左右とコンビネーションを見せたフィッシャーだが、スティーブンソンはローを受けながらも、テイクダウンに成功する。スティーブンソンは、そのままバックコントロールからパウンドを集中し、初回を終える。

2R、フィッシャーの左ハイ、ジャンピングニーをかわしたスティーブンソンは左を当てつつ、テイクダウンの機会をうかがう。ヒザ蹴りを掴み、テイクダウンに成功したスティーブンソンはフィッシャーをケージに追い込んでいく。ケージを蹴りあげ、腕十字を狙うフィッシャーだが、スティーブンソンはここでアキレス腱固めを一瞬見せ、直後にトップに戻りハーフへ。スティーブンソンはエルボーを落としながらマウントを狙うも、フィッシャーはハーフで粘りを見せた。

エルボーを連打するスティーブンソンは、パスに成功しサイドからフィッシャーの左腕を右足で跨ぎ、右腕を左手で制し、ガラ空きになった顔面にエルボーを連打。両腕を塞がれ、ディフェンスができないフィッシャーが10発以上のエルボーを受けたところで、レフェリーが試合をストップ。スティーブンソンがフィッシャー相手に完勝劇を見せた。

UFC104 MACHIDA vs SHOGUN 全試合結果一覧へ