浅草にBar併設の“粋”なミュージアムが誕生!

写真拡大

11/1(日)に、東京・浅草に民族文化博物館「アミューズミュージアム」がオープンする。浅草寺に隣接し、重要有形民俗文化財指定の古民具や着物を展示するミュージアムだ。

デジタル映像で浮世絵が!

“博物館”と聞くと固いイメージを持つかもしれないが、ココにはちょっと“粋”な雰囲気。博物館の中になんと、2つのバーがあるというのだ。1つは5F、浮世絵をモチーフにしたバー「Bar musee cinq」。2つめは6Fにあるテラス付きのバー「Bar muse six」だ。

もちろん展示も面白い。地上6階建ての博物館内には3フロアに4つの展示室を設置しているほか、高精細のデジタル映像で幻の浮世絵、スポルディングコレクションが見られる「デジタル浮世絵」や、伝統芸能のライブなど2つのイベントスペースを備える。

ただ展示を見るだけではない、ライブやバーなど興味深い試みが多い「アミューズミュージアム」。世界中から観光客が集まる浅草の新名所に注目だ。【東京ウォーカー】

【関連記事】
高さ7m、横5m!井上雄彦が水墨画で描く「バガボンド」近日公開 (東京ウォーカー)
関取のお尻形!マクドナルドの“力士専用席”って? (東京ウォーカー)
女性人気!瞑想や写経ができる 「高野山カフェ」が大盛況 (東京ウォーカー)
まことちゃん×北斎!楳図かずおの絵が浮世絵に!? (東京ウォーカー)
タダでOK!プチ“雑学”カルチャースポットとは (東京ウォーカー)