「テイルズ オブ」のアイテム再び、「マーボーカレー」がレトルトで登場。

写真拡大

1995年の第1作発売以来、着々と作品を重ねてきたバンダイナムコゲームスの人気RPG「テイルズ オブ」シリーズ。昨年8月に発売された「テイルズ オブ ヴェスペリア」はXbox360の本体売り上げを急増させたことで話題を呼んだほか、今年10月3日から公開された劇場版「テイルズ オブ ヴェスペリア〜The First Strike〜」も高い評価を得るなど、長年にわたって多くのファンに支えられているシリーズだ。

そんな「テイルズ オブ」シリーズでおなじみのアイテム「マーボーカレー」を、ハウス食品がWii向けソフト「テイルズ オブ グレイセス」(12月10日発売)とのコラボ商品としてレトルト化。12月7日に発売する。価格はオープンプライス。

「マーボーカレー」は、「テイルズ オブ」シリーズ伝統のキャラクター体力回復アイテムで、2008年12月には「サークルKサンクス」のお弁当として商品化されたこともある。なお、「サークルKサンクス」で商品化されるまでは、ファンの間では「幻のカレー」「実現して欲しいアイテム」と語られ、「一度は食べてみたい」と要望するファンの声も多く存在していた。

今回商品化されるハウス食品の「マーボーカレー」は2種類。炒め玉ねぎのコクと豆板醤のピリッとした辛味を溶け込ませた「コクの中辛」と、りんごやトマトなどのまろやかな味わいにオイスターソースのうまみを溶け込ませた「まろやか中辛」がラインアップされている。

カレーとマーボー豆腐という、ちょっと意外性を感じる“合体メニュー”だが、牛丼チェーンの「松屋」が2008年5月に期間限定メニューとして「麻婆カレー」を発売した(※「テイルズ オブ」とは関係なし)こともあるなど、その相性は全く問題ない。「テイルズ オブ」シリーズのファンはもちろん、純粋にレトルトカレーの新顔として気になる人も、一度試してみる価値はありそうだ。