鳩山首相のゴールドネクタイが大人気の訳は?/山田 美帆
鳩山首相の勝負ネクタイは「ゴールド」。これまで定番だった「赤」はありません。でも、ゴールドのネクタイは鳩山首相の人気に一役買っているようです。今回は、ネクタイの色について考えてみます。


皆様こんにちは。
カラーコンサルタント・イメージコンサルタントRosaの山田美帆です。


新内閣が発足してから、
鳩山由紀夫首相が勝負ネクタイとして身につけている「ゴールド」のネクタイ。
百貨店では問い合わせが殺到し、
売り場にはコーナーまでできた百貨店があるとか!?
なんでも「金メダル」をイメージして、
幸夫人が選んでいるらしいのです。


今までは、「勝負ネクタイ」として、定番だったのは「赤」。
アメリカの歴代の大統領も「ここぞという場面」に
赤いネクタイを締めてきました。
オバマ大統領にもそれは受け継がれていますね。


「赤」は自信をイメージさせる色。
くじけそうになった時でも、
諦めないで前に進もうと思った時に助けてくれる色です。
しかも、自己をアピールするにはもっとも適した色で、
やる気を見せたい時には効果的です。



それでは「ゴールド」はどのような印象を与える色なのでしょう?
よくゴールドは「色」ではないと考える人もいます。

それはすべての色は色の三原色(マジェンタ、シアン、イエロー)を
混ぜ合わせて作ることができますが、
ゴールドやシルバーはこれではつくれないからです。

だからそのような色に惹かれる人は、
特別な感性の持ち主と言えます。



ゴールドは自ら輝いている色で、エネルギーを放出する力を持ってます。
はっきりした目的、そして自己をしっかり持っている人が、
この色に共感するようです。
そして強く、男性的なエネルギーを持っています。
だから「赤」と同じく、エネルギーの強さを表す色なのです。

ただ、幸夫人が選んでいるようなので、
そこまで強く男性的なエネルギーを持っているのは
夫人のほうかもしれませんが(笑)


しかもゴールドは黄色の仲間であり、

続きはこちら