背中があざと毛で覆われた少女、周囲からは「黒い毛の子」といじめも。

写真拡大

日本人のほとんどの乳児にあるとされる青あざの一種、蒙古班。通常はお尻にできるものだが、特に治療の必要はなく、成長とともに自然に消失するものだ。しかし、世の中には蒙古班以外にもさまざまなあざがあり、中には治療が必要な、悪性化するあざもある。今回、中国をはじめ世界で報じられた中国・広東省のある少女は、先天性のあざが原因で身体の大部分が毛に覆われてしまい、大層難儀な人生を送っているという。

広東省封開県江口鎮に住む6歳の女の子、小媛ちゃん(仮名)の身体の大部分は黒っぽく、皮膚は荒れ、長い毛で覆われている。小媛ちゃんは、出生時にはすでに背中やお尻、すね、ひじなどに黒いあざのようなものがあったそうだが、当時は医者から大きな問題はないと診断されていたそうだ。

しかし、小媛ちゃんの症状は半年が過ぎても収まらないどころか悪化するばかり。あざは一向に薄くならず、毛は伸び続けている状態だ。そして毛がはえた黒いあざの部分は発汗ができないため、小媛ちゃんは気持ち悪さから患部をさすってしまい、皮膚にはすぐにかさぶたができてしまうという。母親によると、小媛ちゃんの皮膚は「まるで“イノシシの皮”」(広州日報より)で、愛娘が病気で苦しんでいることに心を痛めている。

このような特異な病気に悩まされている小媛ちゃんは、地元の子どもたちからは「黒い毛の子」といじめられ、人目につかない場所で隠れて泣くことも。また、母親には自分の肌が真っ白になった夢の話をするそうで、小媛ちゃんは背中が露わになったキャミのワンピースを「いま一番着たい」そうだ。

肇慶市の病院の医師の説明では、小媛ちゃんは「先天性色素痣」あるいは「獣皮様痣」で、遺伝的な原因の可能性があるとのこと。その症状は大変珍しく、症状もひどいことから、通常行われるようなレーザー治療をするにしても、麻酔の影響や多量の出血など、多くのことを考慮しなければならない。また、小媛ちゃんの家庭に経済的余裕がないことも、治療の妨げになっているようだ。

この話題は中国内で報じられ、その後、さまざまな海外のメディアも注目。英紙サンやニュースサイトのオーストリアンタイムズは「猫少女」、英紙メトロやスコットランドのテレビ局STVは「牛の背中を持つ少女」との表現で伝えている。