2009年のF1世界選手権は、11月1日(日)に開催されるアブダビGPを前にワールドチャンピオンがブラウンGPのジェンソン・バトンに決定。すでに来年もどこかのチームに所属することが決まっているドライバーにとってアブダビGPは消化試合のようなものですが、一方でまだ去就の定まらないドライバーにとっては可能性を信じて全力で戦うレースになります。

東京モーターショーでは、そんな激戦を戦い抜いてきた数多くのF1マシンのうち、トヨタのマシン「TF109」とマクラーレンの「MP4-24」が展示されていました。

詳細は以下から。
トヨタブースにいたのが「TF109」。



今年はヤルノ・トゥルーリとティモ・グロックがメインで参戦。さらに、負傷したグロックに代わってブラジルGPではサードドライバーの小林可夢偉が参戦。


カラーリングは白と赤でまとめられており、日本らしさが全面に押しだされています。







来年はここに誰の名前が入るのでしょうか。


そもそも、来季以降のトヨタのF1参戦自体が流動的ということもあり、まずは継続参戦があるかどうかというところ……。


こちらはマクラーレンの「MP4-24」。


マクラーレン自体がブースを出展しているわけではなく、ブレーキメーカーの曙ブレーキブースでの展示でした。


レースではシルバーのボディがキラキラと輝いてとても目立っていました。






マシンは昨年のワールドチャンピオン、ルイス・ハミルトンのもののようです。


ステアリング周りはとても特殊。握った両手を離さないで操作できるようまとめられています。


マシンのまわりをぐるりと一周してみました。
YouTube - 2009年のF1世界選手権を戦い抜いてきたマクラーレン「MP4-24」


・関連記事
2年ぶりの「東京モーターショー2009」開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

1周目からセーフティーカー導入など大波乱のブラジルGPを制したのはレッドブルのマーク・ウェバー - GIGAZINE

2009年F1世界選手権の日本GPでS.ベッテルが優勝、チャンピオン争いはさらに次戦以降へ - GIGAZINE

BMWがF1から今シーズン限りで撤退することを発表、F1以外のモータースポーツは継続 - GIGAZINE

2009年のF1世界選手権は55年ぶりの新チームによるワンツーフィニッシュで幕開け - GIGAZINE


記事全文へ