K-1 WORLD MAX 2009で日本人唯一のベスト4に残り、魔裟斗引退後のK-1を支える存在として、大きな期待を集めている山本優弥。26日に横浜アリーナで行われる決勝ラウンドがいよいよ間近に迫ってきた。

そんな山本に、TBS深夜の格闘技番組『格闘王子』(21日放送分)では、TBS青木裕子アナやタレントの佐々木希ら、各界の著名人たちがエールを送った。

大の格闘技フリークとして知られる関根勤は、7月のドラゴ戦では、佐々木希が山本にトランクスをプレゼントしたことから、「希ちゃんがあげまんなのよ」とキッパリ。「今回も希ちゃんが(トランクスを)作ってほしいよね。(実際、製作中と聞くや)じゃあ、いい」と笑顔を見せた。

また、CHEMISTRYの川畑要は、「カリスマ性が増していく気がしますね。まだ、見え隠れしている状況かな。ここで世界一になった瞬間、どう変化するかですね」と期待を寄せ、フィギュアスケートで世界を獲った荒川静香は、「どこかに、誰でも弱い気持ちを持っていると思うんですけど、それが本番で出てくるか、出てこないか。どれだけ抑えこめるかだと思うので、強い心で向かっていってほしいなって思います」と激励の言葉を送った。

その他にも、女子レスリング・フリースタイルで世界の頂点に立つ吉田沙保里は、「一つの試合で世界一になろうじゃなくて、一つ一つの試合を集中して勝っていけば、世界一が見えてくる」と語り、なぜか番組に登場した大御所みのもんたは、「(山本の存在は)知ってますよ。優勝候補の一人ですから。日本人で最後に残ったんですからね。ベスト4でしょ?ペトロシアン、なにがペトロシアンだ」と声高に叫んだ。