ウェブコンサルティングのビー・オー・スタジオ( 本社、東京都渋谷区)が運営する睡眠時間を記録するウェブサイト『ねむログ( http://www.nemulog.jp/ )』が少しずつ会員数を伸ばしている。

 『ねむログ』は、起床時間と就寝時間を入力すると、起床・就寝時間やトータル睡眠時間がグラフで表示される無料登録制のウェブサービスで、2006年12月のサービス開始以来3年、会員数が1万5000人を突破した。

 睡眠時間の記録、睡眠グラフ表示、平均睡眠時間の比較、プロフィール別統計、携帯端末からの情報記録・閲覧機能などの機能を提供することで、睡眠時間が管理できる仕組み。

 最近、社会や企業で課題となっているうつ病や睡眠障害、夜型子供が増加傾向にある中、睡眠時間を記録し、日々の睡眠生活を振り返ることで、自分を見つめなおすことができる。

 現在会員は、男性61%、女性39%、年齢は、20〜30代が78%を占めている。「生活改善のため」「早起きをしたい」「睡眠の質があまり良くなく、快眠したい」「ショートスリーパー( 短い睡眠時間)を目指したい」「過眠で、睡眠時間をコントロールしたい」「うつ病で不眠症を改善したい」「自分の生活リズムを確認するため」などの利用ニーズがあるという。

 10月からは、NTTドコモ、au、ソフトバンクの公式メニューでも、新サービスを順次開始する予定だ。


◆関連ニュース
女性が選ぶ、未来応援企業ランキング 資生堂、ベネッセ、セコム、サントリー 総合1位(2009/9/7)

結婚相手に望むこと 妻「健康に気を使って」、夫「ヒステリーやめて」(2009/9/7)
女性の仕事に理解進む 結婚後も仕事を続けてほしい男性8割(2009/8/25)
子育て支援への期待 トップは「経済的な支援」(2009/8/14)
日本人の余暇活動は 日常型レジャーへ(2009/8/11)
働く男女の贅沢スタイルが変化、主流は“平日のちょっとした贅沢”(2009/8/3)
20代社会人の7割が仕事にストレス!?(2009/7/31)