「父親の育児休業シンポジウム〜パパが休めば日本が変わる〜」をテーマとしたシンポジウムを、厚生労働省が全国6都市で開催する。

男性の約3割が育児休業をとりたいと考えている一方で、実際の取得率は1.23%にとどまっており、男性が子育てや家事に費やす時間は極めて少ない。勤労者世帯の過半数が共働き世帯になっているなかで、女性だけでなく、男性も子育てができ、親子で過ごす時間を持つことは家族の希望でもあり、また、そうした環境作りが職場でも求められているといえる。

同シンポジウムは、「パパ・ママ育休プラス」の導入をはじめとした改正育児・介護休業法の成立をふまえ、父親も子育てができる働き方を促すため、職場ではなかないか言い出せない男性の育児休業取得の気運を高めようとするもの。

シンポジウムの開催日程は次のとおり。申し込みは、「父親のWLB(ワーク・ライフ・バランス)応援サイト」内。

■東京
10月30日(金)16:00〜18:00 
女性と仕事の未来館
基調講演:「父親の育児休業と男女共同参画」
勝間和代氏(経済評論家)

■青森
11月12日(木)16:00〜18:00
青森県観光物産館アスパム
基調講演:「父親を楽しもう!〜パパの育休とファザーリング」
安藤哲也氏(NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事)

■広島
12月 2日(水)16:00〜18:00
エソール広島
基調講演:「父親を楽しもう!〜パパの育休とファザーリング」
安藤哲也氏(NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事)

■大阪
1月14日(木)16:00〜18:00
男女共同参画センタードーンセンター
基調講演:「父親の育児休業:必要性と支援のあり方」
佐藤博樹氏(東京大学社会科学研究所教授)

■名古屋
1月22日(金)16:00〜18:00
名古屋市公会堂
基調講演:小室淑恵氏(株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長)

■福岡
1月26日(火)16:00〜18:00
アクロス福岡
基調講演:小室淑恵氏(株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長)


◆関連ニュース
女性が選ぶ、未来応援企業ランキング 資生堂、ベネッセ、セコム、サントリー 総合1位(2009/9/7)

結婚相手に望むこと 妻「健康に気を使って」、夫「ヒステリーやめて」(2009/9/7)
女性の仕事に理解進む 結婚後も仕事を続けてほしい男性8割(2009/8/25)
子育て支援への期待 トップは「経済的な支援」(2009/8/14)
日本人の余暇活動は 日常型レジャーへ(2009/8/11)
働く男女の贅沢スタイルが変化、主流は“平日のちょっとした贅沢”(2009/8/3)
20代社会人の7割が仕事にストレス!?(2009/7/31)