8月、モデルの新保真里有と離婚を発表した総合格闘家・山本“KID”徳郁。最近の試合では、5月に行われたDREAM.9フェザー級グランプリでジョー・ウォーレンに敗れ、再起をはかったK-1 WORLD MAX 2009でもチョン・ジェヒにKO負けと、ケガからの復帰で調子が戻っていないのか苦戦を続けている。

そんなKIDが、18日の休日に大森でクルージングを楽しんでいたところ、ある釣り人に激怒したという。翌19日に更新された『山本“KID”徳郁 BLOG』では、何話かに渡ってクルージングの様子を伝えていたが、「ボンボクラオッサン」と題したエントリーで、その経緯を綴った。

冒頭こそ「大森の海岸を目指して運河にカヌーを降ろして行こうとすると。そこには日曜の気分の良い釣り人達がいて俺も気分が良いぜ」と語っているKID。だが、ある釣り人が一匹の魚を釣り上げた後の行為がKIDの逆鱗に触れた。

「オッサンはその魚を針の付いたままひと踏み。内臓は外に飛び出てまだ苦しそうに生きようとパクパクしてた。持って帰って食うのかなと思いきやそのまま運河にぽいっ」と書いているKIDは、その釣り人に「食わないのに何で殺すんだ?アイツだって必死に生きてんじゃん!俺らは生きるために命を貰うんだろ!違うの!?食わないんなら海に返せ」と優しくブチギレ(同ブログより)た。

その釣り人は「アイツは釣りたくなかった。俺の餌食いやがって」と釈明したようだが、「こんな悲しい事をほとんどの釣り人は平気でやってるんだよな。釣ったら海に返さずその辺に捨てて苦しませて死なせて」と、KIDの嘆きはとまらない。

「これからショボい釣りのプロはディスかましてこーかな。次会って同じことやってたら腹にフルで一発パンチ食らわして。海に落とそ。それでお巡りさんに捕まってもしょうがない」と、エントリーの後半には、KID流ともいえるやや物騒な発言を絡めながらも、その実直な性格を垣間見せた。