日経ウーマンオンラインとINSIGHT NOW!のコラボレーション企画!
明日から使える“オンナゴコロ”をつかむマーケティングのヒントに!
大多数の消費行動を担っていると言われる女性達。
その心をつかんだ商品やサービスの仕掛人に、
オンナゴコロの仕掛け人で、
INSIGHT NOW!ビジョナリーの武田舞が直撃。


オンナゴコロの仕掛け人
『ヘアメイクの力で秋田のウェディングを変えた仕掛け人〜前編〜』

1993年、今から16年前。佐々木さんは、東京で出会って結婚した美容師の旦那さんと秋田で新しいサロンを開くために郷里の秋田に戻ってきた。6年ぶりに戻った秋田で佐々木さんが一番驚いたのが女性のヘアメイクだったという。東京で2年、化粧品ブランドで有名な「シュウ ウエムラ」でメイクを学んでいた佐々木さんにとって【「驚き以外の何ものでもなかった。ひと言でいうと、田舎特有の時代遅れ、だったのでしょうか」】と当時を振り返る。一般的に「秋田美人」と言われる秋田の女性だが、「多くの人がヘアメイクでせっかくの素敵な素地を台無しにしていると思いました」。

 コンビニより多いと言われる美容室という業態。地域密着型でビジネスを展開する田舎という土地柄。言わずもがな、新規参入の壁は厚かった。何を変えれば秋田の女性が美しくなるのか――。それが分かれば、新規参入の美容室でもまだ勝機があるはずと、日々そのことばかりを考えていた。

 そんなある日、ふとテレビを見ていた佐々木さんは、その答えにたどり着く。「地方局のアナウンサーの女性。プロがやっているはずなのに、ヘアスタイルもメイクも何かが古く感じました。自分だったらどうメイクするかを考えながら、ブラウン管に穴があくほどその人の顔を凝視して気付いたのです。答えは、眉毛でした」。


続きはこちら