メンタリングを行う上で、相手が抱えているストレスを知ることはとても重要だと思います。今回は、新入社員のストレスについて考えてみます。

私は、初期段階の新入社員が抱えるストレスには、大きく以下の4つがあるのではないかと考えています。

 



 

【不安(自分)】

・自分自身の能力に対して不安を感じている状態
・原因は、他人との比較(自身の過小評価・他人の過大評価)・先が見えないことに対する漠然とした不安のいずれか


【不安(環境)】

・環境に適応しようと努力するものの、適応できずに孤独感を感じている状態
・適応できない原因は、個人的要因(例:殻に閉じこもってしまっている)・環境的要因(例:周りがサポートする体制がない)のいずれか


【不調】

・新しい環境において緊張状態が続くことで疲弊している状態
・疲労は、精神的疲労・肉体的疲労のいずれか(精神的な疲労の方が大きい場合が多い)

【不満】

・環境に対して不満を感じている状態
・不満の対象は、人・仕事内容・待遇・職場環境のいずれか



メンタリングの初期段階で(できれば事前に)ストレスの種類を知ることで、メンタリングの質を向上させることができると思います。

また、育成担当者は、ストレスの種類だけでなく、その原因を正確に把握した上での対応が求められると思います。
続きはこちら