KDDIが本日、au端末の2009年秋冬モデルの発表を行いました。

すでに先進的なデザインの携帯電話ブランド「iida」の第2弾が先月発表されていますが、携帯電話としては最大級となる1200万画素カメラを搭載した「EXILIMケータイ」と「AQUOS SHOT」をはじめとした複数の高画質カメラ搭載端末が登場するほか、ソニーの液晶テレビ「BRAVIA」の名を冠した「BRAVIAケータイ」などの高機能端末に加えて、携帯電話事業が京セラに吸収されてなお、一部のユーザーに愛され続けているSANYO(三洋)ブランドが復活しています。

詳細は以下の通り。
・EXILIMケータイ CA003(カシオ製)
3.3インチフルワイドVGA有機ELディスプレイ
1217万画素手ブレ補正対応オートフォーカスカメラ
毎秒20枚の高速連写に加えて超解像技術を用いた「超解像ズーム」を搭載した本格カメラモデル


・AQUOS SHOT SH003(シャープ製)
3.4インチフルワイドVGA NEWモバイルASV液晶
1210万画素手ブレ補正対応オートフォーカスカメラ
タッチパネル操作での撮影が可能で最大12800のISO感度を実現しているほか、AQUOSブルーレイとの連携などにも対応


・SH006(シャープ製)
3.4インチフルワイドVGA NEWモバイルASV液晶
1210万画素手ブレ補正対応オートフォーカスカメラ
Wi-Fi対応。タッチパネル操作での撮影が可能で最大12800のISO感度を実現しているほか、AQUOSブルーレイとの連携などにも対応


・SH004(シャープ製)
3.0インチフルワイドVGA NEWモバイルASV液晶
800万画素手ブレ補正対応オートフォーカスカメラ


・EXILIMケータイ CA004(カシオ製)
3.1インチフルワイドVGA有機ELディスプレイ
809万画素手ブレ補正対応オートフォーカスカメラ


・BRAVIA Phone U1(ソニー・エリクソン製)
3.0インチフルワイドVGA液晶
514万画素手ブレ補正対応オートフォーカスカメラ
コントラスト向上技術と輪郭強調技術を組み合わせた最新の「モバイルブラビアエンジン」を搭載しており、ソニーのブルーレイディスクレコーダーで録画した高画質の映像をケータイに転送できる「おでかけ転送」にも対応した防水モデルのBRAVIAケータイ


・SA001(三洋製)
3.1インチフルワイドVGA IPS液晶
321万画素手ブレ補正対応オートフォーカスカメラ
11.9mmのスリムな世界最薄のワンセグスライドケータイ


・T003(東芝製)
3.0インチフルワイドVGA液晶
322万画素オートフォーカスカメラ
世界最薄の防水ケータイ


・SH005(シャープ製)
3.0インチフルワイドVGA液晶
約520万画素手ブレ補正対応オートフォーカスカメラ
歩数計や体組成計との連携に対応した7色展開の防水スリムケータイ


・S002(ソニー・エリクソン製)
2.7インチフルワイドQVGA液晶
319万画素オートフォーカスカメラ
ワンセグケータイとしては世界最小となる幅47mm×高さ99mmのコンパクトボディを実現


・URBANO BARONE (ソニー・エリクソン製)
3.0インチフルワイドVGA液晶
514万画素手ブレ補正対応オートフォーカスカメラ
手のひらに馴染みやすい、なだらかな傾斜と裏面のラウンドフォルムがスーツ姿などに美しくフィットする大人向けケータイ


・簡単ケータイ K004(京セラ製)
2.8インチワイドQVGA液晶
197万画素オートフォーカス対応カメラ
「音声読み上げ」や「音声認識」に加えて、次の操作をキーが光ってナビゲーションする「光で操作ナビ」や、文字入力の方法を学べる「文字入力練習」に対応した簡単ケータイ。健康管理をサポートする歩数計も搭載


・mamorino (マモリーノ)
2.0インチQVGA液晶
セコムとauが協業したジュニアケータイ


今回発表されたモデルの特設サイトは以下から。

KDDI au: NEW COLLECTION 2009 AUTUMN&WINTER

・発表会場で行われた質疑応答は以下。

Q:
今年後半はドコモの2年縛りが解ける時期であるが、どれくらいのユーザーを獲得するつもりであるのか

A:
数は申し上げられないが相当数を取る考えである

Q:
今回の端末ラインナップの販売価格は?

A:
1つ1つについては回答を控えさせてもらう。お求めやすい価格での提供を見据えている。4万円前後から3万円台まで。売り場の作りもしっかりやっていくのでご期待いただきたい。

Q:
LISMOは音楽・映像・本の組み合わせになっているが、iTunesが配信しているような「アプリ」と「ゲーム」はどうするつもりなのか。

A:
エンターテイメントの領域にどこまで入れていきたいのかを吟味したところ、まず関連性の強い音楽と映像、ブックを入れた。今後ゲームやアプリといったところについては検討していきたい。

Q:
夏商戦でiPhoneが存在感を発揮したが、秋冬商戦におけるiPhoneの存在をどう考えているか

A:
iPhoneの売れ行きについては承知しているが、1億を超える携帯電話ユーザーの中での普及状況はまだまだであると考えている。対抗するというよりは、独自路線で受け入れられるものを作っていく考えです。

Q:
今後のスマートフォン戦略は?

A:
今回のラインナップでは発表はありませんでした。すでに春にスマートフォン「E30HT」を発表していますが、今後検討していきたい。一般のユーザーがどれだけ使いこなせるかというところは見ていく必要がある。将来的なスマートフォンの導入は検討しているが、まだ発表できる時期ではない

Q:
「ガンガンメール」を主力商品として売り込んでいくのか、どのようなターゲットを想定しているのか。獲得したユーザーの数や、それによってどれだけ減収するのか。

A:
ガンガンメールはメールを使うユーザーをターゲットにしている。メールに関して不満が多いというのが分かったので、初めて施策として導入した。他社にない新しい料金プランを導入することで、「減収」ではなく、総合的に「増収」させる方向で考えている。

・関連記事
KDDIが誰とでもメールの送受信が無料になる新料金プラン「ガンガンメール」を発表、添付ファイルも制限無し - GIGAZINE

携帯電話の本当の意味での「買い時」は?後悔せずに携帯電話を買う方法 - GIGAZINE

初の「LTE」を使った通信デモも、KDDIの次世代高速通信戦略を見てきました - GIGAZINE

KDDI、「CDMA 1X WIN」と次世代高速通信サービス「WiMAX」の両方を搭載したデータ通信端末を提供へ - GIGAZINE

これが来るべき近未来の携帯電話、学習能力を持つロボットケータイ「Polaris」 - GIGAZINE

記事全文へ