会社や経営者への不信感、反発が爆発的エネルギーを呼ぶ、そんなことはないでしょうか?
身近に起きている例で、プロ野球パリーグがおもしろそうなので、「ネゴシエーション」の視点からクローズアップしてみます。

プロ野球のクライマックスシリーズ、パリーグ楽天が盛り上がってますね。
三位から這い上がって来た楽天が、シーズン中なのに野村監督を解任ということで、野村氏や、野村監督を支持する選手たちが反発。逆に頑張って、逆転優勝をして、楽天球団に恥をかかせてやるイキオイで快進撃してます。

単なる試合よりぐんとおもしろみを増す味付けです。日本人好きな判官びいきからすれば、会社を見返せ、野村!と応援したくなるところです。(ちなみに私は特に野村ファンでもなんでも無いです)
ソフトバンクを圧倒した楽天はいよいよパリーグ優勝をかけて日本ハム戦を迎えます。観客動員もすごいこと期待されてますが、実際もりあがるでしょう。

このように「追い込まれた」人のパワーはあなどれません。交渉やコミュニケーションも同じです。
交渉はディベートでは無いのです。「勝ち負け」は関係ありません。戦略目標が達成できるか出来ないか、だけが重要です。
つまりその目標達成に邪魔になるものは極力排除する必要があるのです。こうした追い込まれた人が、反発するエネルギーを絶対に侮ってはいけません。

私の会社では人事コンサルティングを行っておりますが、不況の昨今はもちろん、まだ景気がしぼむ前からも、実はかなり多く「リストラ」実施についての相談が多くありました。
ネゴシエーション、コミュニケーションの課題として、人の人生に関わる問題であるところのリストラは、極めて重大な交渉であり、そのプロセスは慎重の上にも慎重さが求められます。

続きはこちら