ウォルマートが「ウェブの巨獣」アマゾンに宣戦布告。王者の名誉を挽回するべく、とことんまで低価格で徹底抗戦すると宣言した。流通の二大脅威が起こす大津波はいったいどこまで波及するのか・・・。

ウェブの巨獣、アマゾンにウォルマートが宣戦布告
「もし、『ウェブにおけるウォルマート』があるとしたら、それは、ウォルマート・ドット・コムだ。」
これは、他ならぬウォルマート・ドット・コムのCEO、ラウル・バスケス氏の言葉だという。近年、米国のビジネス・メディアでは、「ウェブにおけるウォルマート=アマゾン」という見方が日に日に強まっていたが、その騒音を打ち消すような挑戦的な発言。「我々のゴールは、品揃え、ビジター数ともに、世界最大のウェブサイトになること」と続けた。

米国時間10月15日、話題の新刊10冊を巡り、ウォルマートが仕掛けた価格抗争に対して、アマゾンが間髪を入れず迎撃、同日の夕方までに、ウォルマートがさらなる値下げで反撃するという白熱戦となった。通常の小売価格が30ドル以上するハードカバーの新刊を卸値を大きく下回る10ドルで売り出すということで始まった競争は、現在はウォルマート、アマゾン両社ともに9ドルを最低価格として落ち着いている。

しかし、ウォルマートは、「ウェブ上のロウ・プライス・リーダーとしての地位を誇示するためなら、どこまでも低価格を追及する」と、徹底抗戦の意図を表明。「世界最大のリテーラー」と「オンラインの巨獣」の一騎打ちは、どうやらまだ当分は決着がつきそうにない。

今回の価格抗争は、たまたま、書籍というカテゴリーを巡ったものだが、ウォルマートとアマゾンの競争の本質は、「書籍カテゴリー」だけを問題にしたものではない。アマゾンも、ウォルマートも、「世界最大のブックストア」になりたいわけでは決してないのだ。


続きはこちら