今年の2月から日経BP社の「日経Tech-on!」サイトに
「設計魂と購買魂 −垣根を破るエンジニアの物語−」を掲載しています。自信作ですので是非ご一読ください。


ご存知な方もいらっしゃると思いますが、
今年の2月から日経BP社の「日経Tech-on!」サイトに
「設計魂と購買魂 −垣根を破るエンジニアの物語−」を掲載しています。
http://techon.nikkeibp.co.jp/column/buyer/

これは霜月電機という架空の会社を舞台にして、
設計部の若手エンジニアである鈴木さんと購買部のベテランバイヤーである
田中さんのやり取りを通じて、設計と購買の現状よく見られる課題や
あるべき姿を理解してもらうことを物語調で書いているものです。

そもそもこの物語を書くきっかけになったのは、
日経ものづくりの編集者の方に「開発購買」をテーマにした
購買ネットワーク会の取材をお願いしたことからです。

その後何回かのやり取りをさせていただいた後に
今回の「設計魂と購買魂」という企画でスタートすることになったのでした。

今までの連載では第一シリーズの「鈴木と田中の出会い」から始まり、
第二シリーズでは「コスト削減の取組み」第三シリーズは「海外バイヤーとの戦い」
第四シリーズは「ゲストエンジニア制度」第五シリーズでは「海外調達」
第六シリーズでは「開発購買」をテーマにしています。

どれも身近なトピックで本当によくある話ですが、
これは私の経験や私の身の回りのバイヤー達の話を元に書きあげているからです。

読みながら思わず
「あるある、、」とうなずいてしまうこともあるのではないでしょうか?

あと数回で連載も終了しますが、
私なりに結構時間をかけながら書いてきた自信作です。
是非ご一読ください!
http://techon.nikkeibp.co.jp/column/buyer/

続きはこちら