ソニー「海外版『PSP go』は日本でも使用できます。しかし……」

写真拡大

ガジェット通信の検証取材により、海外版『PSP go』を日本で使用できることが判明した。詳しくは『PSP go入手! 発売前に大検証して全部見せます教えます!』という記事に掲載しているが、海外版『PSP go』は日本版の『PS3』に接続することも可能だし、日本の PlayStation Store でゲームを購入して遊ぶこともできる。

しかし、北米版『PSP go』のパッケージや取り扱い説明書には、ハッキリと「リージョンコード1」を意味するマークや言葉が掲載されている。日本はリージョンコード1ではないので、これが本当ならば再生できないはずだが……。どういうことだろうか? これは発売元に聞いたほうが早いということで、さっそくソニー・コンピュータエンタテインメント(以下、SCE)さんに取材をしてお話をうかがった。

現在はリージョンに関係なく『PSP go』で日本のゲームを遊ぶことができます。ただし、海外で購入した『PSP go』は日本では故障の保障対象外になりますので、壊れた場合は有償での修理になってしまいます。日本で購入するのが好ましいですね」(SCE広報)

なるほど。ゲームに関しては、起動できる地域をリージョンコードによって規制していないようだ。すでに検証で起動できることは知っていたものの、これで安心して問題なくゲームを遊ぶことができそうだ。日本での発売は11月1日だが、すでに海外では10月1日に発売されている。インターネットオークションの『Yahoo!オークション』や秋葉原などでは輸入された『PSP go』がすでに販売されているため、簡単に手に入れることができる。一足早く『PSP go』で遊びたいという人は、海外版の『PSP go』を購入してみてはいかがだろうか?

ちなみに、プレイステーションネットワークのIDによってアクセスできる PlayStation Store のサイトが違うため、日本以外の国で登録しているプレイステーションネットワークのIDを『PSP go』に登録してしまうと、日本の PlayStation Store には接続できない。日本の PlayStation Store でゲームを購入したい場合は、日本のIDで登録しよう。もちろん、あとからID変更をすることも可能だ。

■最近の注目記事
『PSP go』入手! 発売前に大検証して全部見せます教えます!
秋葉原では「すでに PSP go 発売中!」価格は29,800円
『PSP go』が目指しているものは第二の『iPhone』と予想する
キミが成田市の観光キャラクターを決めろ! ゆるキャラすぎる!?
ヤフオクに 「裁判所に提出した殺人及び殺人未遂の証拠書類5点セット・ビデオテープ付き」出品