『PSP go』に無理矢理ゲームソフトを入れようとしてブチ壊す動画

写真拡大

ダウンロード専用ゲーム機『PSP go』に強引にゲームソフト(以下、UMD)を挿入しようとして『PSP go』を破壊。最終的にゲームショップに返品しに行くという動画が『YouTube』で注目を集めている。『PSP go』は従来の『PSP』からUMD機能を撤廃したもので、ゲームはインターネット経由でダウンロードして本体に保存する。それゆえ、UMDを同時購入してもお金のムダ使いとなる。

この動画には、そんな『PSP go』を購入してウキウキ気分で家に帰ったものの、一緒に購入した『ソウルキャリバー』のUMDが『PSP go』になかなか入らず、ドライバーでこじ開けようとしたり、潤滑油のかわりにバターを塗ってUMDを隙間に入れやすくするなど試行錯誤する男性の姿が収録されている。もともとUMDを挿入できる部分はないのだから、いくら頑張ったところで入れることはできない。

返品されたところでバターでベタベタになっているだけでなく、半分に分解された状態で修理すらほぼ不可能という状態なので、ゲームショップとしても受け付けることはできないだろう。ちなみにこの動画、「UMDが使えなくなって腹が立ったためストレス解消のために撮影した皮肉動画」だと思われるが、ゲームショップの店員は演技ではなく本気でビックリしているようなので、店員だけは演技ではないと思われる。

しかし、この動画は単なる笑い話ではないと考える。なぜなら、『PSP go』でUMDが使用できないことを知らない人が、ゲームショップで『PSP go』とUMDを購入する可能性があるからである。もし購入者が『PSP go』と一緒にUMDをレジに持ってきたら、店員は一声かける必要があると考える。「こちらのソフトは『PSP go』で使用できませんがよろしいですか?」と。

情報提供: r35psp

■最近の注目記事
『PSP go』に無理矢理ゲームソフトを入れようとしてブチ壊す動画
『PSP go』入手! 発売前に大検証して全部見せます教えます!
秋葉原では「すでに PSP go 発売中!」価格は29,800円
キミが成田市の観光キャラクターを決めろ! ゆるキャラすぎる!?
ヤフオクに 「裁判所に提出した殺人及び殺人未遂の証拠書類5点セット・ビデオテープ付き」出品