2期連続で増収増益、8年ぶりに最高益を書き換え、「一人勝ち」といわれるファーストリテイリング。今月8日に前期連結決算を発表したあとに、東証で記者に囲まれコメントした柳井ファーストリテイリング会長兼社長の言葉は、事実上の「無敵宣言」と解釈できる。

 日経MJが10月12日に報じた中で、特に2つのコメントが目を引く。その一つめ。
 <−低価格品が増えるなかで価格政策は。「(高価格帯から低価格帯まで)全プライスをやっていく。(ジル・サンダー氏がデザインした)プラスジェイの価格は1,000円かもう少し上がっている。でも価値はこれまでと同等かそれ以上。顧客から見た価格は相対的に上がっていない。」>

 「バリューライン」という考え方がある。横軸に製品・サービスの「価格」、縦軸に「価値」の二軸を取る。すると、「安くてそれなりの価値のもの=エコノミー」「中間価格で、中間的な価値のもの=中価値」「高くて価値の高いもの=プレミアム」という比例関係が出来上がる。これがバリューラインだ。
 勝てる価格設定をしたい場合、このバリューラインを超えるポジションをとる必要がある。「低価格なのに中間価格と同等の価値=グッドバリュー」「中価格なのに高価値と同等の価値=高価値」「低価格なのに高価格のものと同等の価値=スーパーバリュー」となる。
 柳井会長兼社長は、今年3月に行われた傘下のジーユーの戦略説明会で以下のような説明をしている。「ユニクロはナショナルブランドの商品と比べても品質は高いが、最低価格では提供できない。まあまあの品質で低価格のものを求める人はジーユーでお願いしたい」と。
 ユニクロはかつて「低価格なのに高価格のものと同等の価値=スーパーバリュー」

続きはこちら