Windows7の正式リリースがカウントダウンに入っており、企業・個人問わず「Vista飛ばし」をしていたWindowsXPユーザーも、Windows7への移行を予定している人が多いであろう。
環境移行専用のツールも提供されているが、これまで数え切れないソフトウェアをインストールしてきたユーザーにとっては、Windows7への移行には不安を伴うケースも多い。そこで既存の環境を仮想化して移行するという選択肢が「Disk2vhd」の使用である。

「Disk2vhd」は、実機で運用している環境をマイクロソフトが提供している仮想化ソフトウェアViatualPC用に変換するソフトウェアだ。

「Disk2vhd」を起動したらリストアップされているドライブを選択してCreateボタンを押すだけだ。後はあらかじめ指定したフォルダにディスクイメージを保存する。処理が終わったらVirtualPCを起動して新しい仮想システムを作成し、先ほど作成したディスクイメージを選択すれば良い。

仮想環境でこれまでの作業を継続しながら、少しずつWindows7環境への移行を行っていけば、安心である。

Windows Vistaが登場したときには、当時の平均的マシンスペックがVistaの要求スペックに付いていっておらず、「Vistaは重い」という悪評が立ってしまったが、現在の平均的なマシンスペックなら、Windows7への移行に問題はないだろう。懸念はソフトウェアやドライバの対応だけである。慎重を期したいユーザーにとっては仮想環境はオススメの選択肢と言える。
(TechinsightJapan編集部 真田裕一)

【関連記事】
iPhoneユーザーの3割はネット端末としての利用がメイン IMJモバイル調査
マイミク申請が気軽にできる「myリスト」を提供開始 ミクシィ
デザイン性に富んだミニノートPCのスペシャルエディション「HP Mini 110 by STB」を発売 日本HP
USBバスパワー駆動を実現した小型ドキュメントスキャナー「DR-150」発売 キヤノンMJ
高性能・多機能モデルの5ボタンワイヤレス光学式マウス2シリーズを発売 エレコム
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!