せっかく良いゲームを作ったのに……」そんな落胆の声がゲームメーカーのスタッフから聞こえてきそうな事実が判明した。コーエーが12月3日に発売する予定の『戦国無双3』。発売前から高い期待度を得ているゲームだが、なんと大ヒット間違いなしのゲーム『ニュー・スーパーマリオブラザーズWii』と発売日がかぶってしまったのである。

どちらの発売日も12月3日で、購入者を食い合うのは確実。人気度と認知度からしても、『ニュー・スーパーマリオブラザーズWii』のほうが有利なのは間違いない。しかし、コーエーはこの悲劇を2度体験しているのである。2度目は今回の『戦国無双3』と『ニュー・スーパーマリオブラザーズWii』。1度目は、2007年11月1日に発売された、コーエーの『オプーナ』と任天堂の『スーパーマリオギャラクシー』だ。

そのため、今回の件についてインターネット掲示板では「オプーナの悲劇再び」と言われているのである。たとえどんなに良いゲームを作ったとしても、さらに人気度の高いゲームが同時に発売されてしまうと、どうしても購入者を取られてしまうことになる。

『ニュー・スーパーマリオブラザーズWii』は購入層がやや違うと思われるが、それでも「どちらも購入したい」と考えている層もいるのは確実であり、購入者を食い合わないように超人気ゲームと発売日をずらすメーカーがあるのも事実だ。

特に『ファイナルファンタジー』や『ドラゴンクエスト』などの人気ゲームの発売日とかぶらないようにしているメーカーが多く、一度発表をしたものの、それら人気ゲームの発売日とかぶってしまったことから、発売日を変更するというメーカーもあるほどだ。

さすがのコーエーもマリオ相手に戦いを挑むのはかなりのリスク。発売日を変更するのもひとつの手だと思うのだが、はたして『戦国無双3』の運命は……。

このニュースの元記事を読む

■関連記事