xpize.jpg
Windows: Windows XPユーザだからといって、新しいWindowsで使えるピカーンとした光沢感を満喫出来ないわけでは決してないのです。XPだって思い出してみれば、Windows 98とかWindows2000に比べたらカラフル感満載で当時はとってもクールな存在だったわけで。

だがしかし、時は流れ、我々の前に登場したVista/Windows 7によってちょっとばかし色褪せて見えてしまっているだけなのです。でもXPだって、まだまだ頑張れるはず。例えば、「XPize」というツールを使えばXPの外観を変身させることが出来るのです。

今までよく使われてきたtheme.dllファイルを単純にパッチしてMicrosoft以外のテーマに置き換えるという手法ではなく、XPizeは全体のアイコンやインターフェースコンポーネントを更新。XPリリースの際に見限られてしまったWindows98の置き土産的なアイコンデザインと現代的なシャープなデザインが意味不明に共存する、という事態はこれで回避可能。XPizeにはあらかじめいくつかのXPテーマが入っているので、メインテーマを変更して、近代的なアイコンを使う、というだけでなく、ログイン画面は終了メニューなどの変更も簡単に出来るようになっています。

まぁ、言ってみればどっちでもいいや、めんどくさそうだし、と敬遠していたモノもこのツールがあれば変更する気になるかもですよ。

使い方も簡単で、変更したい見映えを見つけたらそれを選んで、再起動をかけるだけ。ぜひ試してみて下さい!


XPizeはWindowsのみのフリーウェア。
XPize [via jkOnTheRun]

Jason Fitzpatrick(原文/まいるす・ゑびす)

 

【関連記事】
米CNET記者もお気に入り。Picasaの顔認識機能
不在中の電話や来客を伝える伝言メモ作成ツール『伝言メモ』
写真を超簡単にポラロイド風にするWEBアプリ「Rollip」
Google Docsから使えるNotepadにソックリなテキストエディター『Nocs』
「Myna」は誰でも使えるマルチトラックオーディオ編集ツール