多くの大手企業が、厳しい経営状況下にある中で昇給を実施していることが、日本経団連が同会員及び東京経営者協会会員企業1,977 社を対象にした「2009 年1〜6 月実施分 昇給、ベースアップ実施状況調査結果」で分かった。

 調査によると、昇給(ベースアップ以外の賃金増額)を行なった企業は
95.8%に上った。

 賃上げ額(5,736 円)、賃上げ率(1.85%)はともに前年を下回り、賃上げ率は2007 年とほぼ同率となった。

 昇給率では「1.5%〜1.9%」、ベースアップ率では「0.0%」の分布が最も多かった。

 有効回答率は24.4%、483 社(製造業52.0 %、非製造業48.0 %、従業員500 人以上規模78.5%)となっている。