Bamboo Play Room by Sketch Piston4
 ワコムは、タブレットなどを使用して絵と音声作成が行なえるゲームサイト「Bamboo Play Room by Sketch Piston4」をオープンした。

 同サイトは、基調となる音が鳴っている画面上に、「Pen」ツールや「Stamp」ツールを用いて自由にドローイングしたり、絵を描いたりすることが可能。その線や絵に画面の上部からボールが落ちてくることで音が発生し、絵画作成と音楽作成が簡単に楽しめるゲームサイトとなっている。音はペンの太さ、色、スタンプの種類、ボールの落ちてくる速度、距離に連動していることから、毎回違った音色を奏でることができる。さらに内容を保存して作品として投稿したり、他のユーザーが投稿した作品を閲覧したりできるなど、ユーザー同士の相互交流も可能となっている。

 同社では10月3日、マルチタッチ操作を採用したコンシューマ向けタブレット「Bamboo」シリーズを発売済み。同シリーズをPCに接続し、ペンタブレットとして利用することで、より高度な絵画作成が行なえるとしている(製品の詳細は関連リンクを参照)。なおサイトの制作に携わった「SKETCH PISTONプロジェクト」は、チームラボ株式会社が手掛けるもので、同社とのコラボレーションがプロジェクトの第4弾となる。

■関連ニュース
デジタルライフスタイルの変化が生む新しいUI――ワコムのペンタブに新機種登場
ワコム、プロフェッショナルペンタブレット「Intuos」シリーズ新モデルを発表
ワコム、海外で販売済みの電子サイン入力専用液晶ペンタブレットを国内にも投入
レノボ、モバイルワークステーションとして業界初をうたうデュアル・ディスプレイ搭載の17V型ノートPC
ヨーロッパ発の電子公正証書システムにワコムのペンタブレット「Cintiq 12WX」