男子ボクシング エルナンデス 王者・西岡に猛“口撃”

写真拡大

 WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ(10日、東京・国立代々木競技場第二体育館)で、王者・西岡利晃に挑むイバン・エルナンデスが5日、都内の帝拳ジムで練習を公開。強気のコメントで“スピードスター”西岡を挑発した。



 この日は、シャドーやサンドバックを叩き軽く汗を流したエルナンデス。「ボクシング人生の中で一番いい仕上がり」とコンディションの万全を強調した。それもそのはず、このタイトルマッチに向け、2850メートルの高地で3週間のトレーニング。初めて120〜150Rのスパーリングをこなした。



 よほど自信があるのか、まるでマシンガンのようにしゃべり続け「西岡は成人に満たない人間としかやっていない。ゴンザレスとの時も一回倒されている」「リング下ではリスペクトするが、リング上では一切リスペクトしない」など“舌好調”。

 そればかりか「スピードにも自信がある」とスピードスターの異名を持つ西岡にケンカをふっかけていた。

 なお、この日はホルヘ・リナレスとWBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチを行う、ファン・カルロス・サルガドも練習を公開。キレのある動きを見せていた。

【他にはこんな記事も!!】
DREAM サップは集金ファイター!?
全日本 三冠王小島に大逆風
ドラディション 藤波があの百田氏に触手

リアルスポーツとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!