メンタリングを行う上で、共感して励ますだけではなく、時には厳しい指摘をすることも必要かと思います。今回は、叱り方・怒り方についてご紹介します。

私は、厳しい指摘をしなければならない場合における対応方法には大きく以下の3つがあるのではないかと考えています。

 



 

【キレ】

・意識面の甘さを根本的に変えたい場合や危機感を与えたい場合(投げやり・逃げ腰状態など、相手のエネルギーがマイナスの時)
・怒りの感情を表現しながら直接的に指摘することで、現状の問題に向き合わせる(こちらのエネルギーをプラスにする)


【失望】

・悔しさをばねに努力させたい場合
・がっかりした様子を見せたり、「できると思っていたのに」と伝えるなど、本々の期待値の高さを感じさせることで奮い立たせる


【無視】

・意識面の甘さを根本的に変えたい場合や危機感を与えたい場合(自分自身の非を感じていない・興奮状態など、相手のエネルギーがプラスの時)
・怒りの感情を表現せずに、かわすことで相手のエネルギーを発散させながら、目を自分自身に向けさせる(こちらのエネルギーをマイナスにする)


キレと無視に関しては、目的は同じですが、相手の状態に応じて使い分けるべきだと考えています。
相手が興奮状態の時に感情的に怒ったり、逆に相手が投げやりな時にかわしても、あまり生産的な場にならないと思います。

感情のエネルギーを+-で表したときに、場としてのエネルギーをゼロにするというのが、私の基本的な考え方です。
したがって、相手のエネルギーの絶対値によって、こちらのエネルギーの絶対値も変わってきます。

もちろんケースバイケースなので、結局はその場その場での適切な判断が求められます。
感覚的な話が多くなってしまい申し訳ありませんが、一つの参考にしていただければと思います。
続きはこちら