Chris Kohler

(1)から続く


東京ゲームショウ2009にて、『ドラクエIX』に登場する宿屋の少女リッカを演じるコスプレーヤー『アサヒ』。リッカは「呼び込み」というコマンドを使用してすれちがい通信を行ない、通信したほかのゲームの主人公キャラクターをプレイヤーのゲームの宿屋に宿泊させる。宿泊している主人公キャラクターには、戦歴や設定された自己PRの閲覧や、クリア済みの「たからのちず」の受け渡しが行なえる。画像は別の英文記事より

「すれ違う人との通信」というコンセプトは、DSの初期時代から存在する。2005年に発売されたゲーム『ニンテンドッグス』では「バークモード」と呼ばれていた[Bark Modeは海外での呼び名。日本のニンテンドッグスサイトでは「すれちがい通信」と呼ばれている。]他のプレイヤーが仮想で育てている子犬が自分のDSの画面に登場し、ひょっとすると噛んで遊ぶおもちゃなどのプレゼントを持ってきてくれるかもしれないというものだ。

『ドラクエIX』はいま大変人気があるので、通りをちょっと歩くだけで「バーチャルな知人」はすぐ出来る。渋谷の繁華街を1ブロックも歩かないうちに、私のDSは新しいゲストで一杯になった。

『ドラクエIX』を使ったマーケティングも行なわれている。例えばマクドナルドにDSを持って行くと、ロナルドの髪の毛とよく似た赤いかつら(「赤いアフロ」)をダウンロードでき、キャラクターにかぶせることができる。

[上の画像のキャプチャで説明した「リッカのメッセージ」には、個人的なメッセージもたくさん書き込まれるほか、コンビニ店の呼び込みなどにも使われている]

日本では地下鉄の車内でも見ることができる新しいテレビコマーシャル(上に掲載)では、すれちがいモードをきっかけに付き合い始める男女が描かれている(女性から送信されたデータを見た男性が、「へえ、来週誕生日なんだ」と言う)。2人にはすぐに、さらに明るい2人のドラクエファンが加わり、皆が友達になるというストーリーだ。

東京の路上では、現実にこのような社交的な出来事に近いものを見かけることはなかった。ほとんどのプレイヤーはうつむいたまま、新しいデータを自分のDSに保存し、どのような地図を手に入れたかを確認しては次のデータに取りかかっていた。私が話をしたプレイヤー全員が、このゲームが面白いのは「人と会う」ことができるからだと答えたが、実際に人と会っている人はいないように思われた。

見知らぬ人に手当たり次第に自己紹介することが「エチケットに反する」ことであるような文化においては、おそらく、他人と仮想的に出会えること自体が大きな魅力なのだろう――たとえそれがすれ違うだけであっても。

{この翻訳は抄訳です}


WIRED NEWS 原文(English)

  • 『ドラクエVIII』北米版が発売、その魅力に迫る2005年12月1日
  • ドラクエ:発売から20年で初の欧州上陸へ2006年1月13日
  • 『ニンテンドッグス』から「人が欲する人工知能」を考える2005年9月5日
  • コスプレという情熱:TGS画像ギャラリー2009年10月2日
  • 『TGS2009』お勧めショッピング:画像ギャラリー2009年9月30日
  • 『東京ゲームショウ』の最新ゲーム:ギャラリー2009年9月28日