スタバをはじめチェーン店に市場を奪われてきた独立系コーヒーショップ。「個」のサービスと、「地域性」に照準を合わせた店づくりに、リテーリングの未来を見た・・・。

アメリカのコーヒーショップ市場は110億ドル規模といわれ、過去5年で1.5倍を超える成長を遂げてきた。コーヒー・チェーンの先駆けであるスターバックスが、ラテやモカなどの「プレミアム・コーヒー」にアメリカ人を目覚めさせ、コーヒーショップ市場の需要を押し上げてきたわけだが、その一方で、昔ながらの個人経営店を圧迫し、淘汰へと追い込んできたことも事実だ。

2001年に約62%あった独立系シェアは、年々縮小の一途を辿っている。店舗あたりの売上規模で比べてみても、スタバと独立系とでは天と地の差だ。スタバの店舗が年間1億円相当を売り上げるのに対し、独立系は2,000万円程度であると、某米リサーチ会社は報じる。

今年の5月、『スタバいじめ』の記事に書いたが、不況や過剰な店舗展開によるブランドの破壊など、諸々の理由でスタバが伸び悩むのを尻目に、マクドナルドやダンキン・ドーナツなど、かつてプレミアム・コーヒーとは縁遠い存在だった大手プレイヤーたちがこの市場に参入し、スタバのシェアを削り取ると共に、独立系の立場をますます苦しいものにしている。そんな中で、つい最近、ロサンゼルスの街角で見つけたあるコーヒーショップに独立系の未来を見た。

シカゴを本拠地に、米国内で8店舗を展開するインテリゲンツィア・コーヒー・アンド・ティーは、「本物」を追い求めるコーヒー好きをターゲットとした独立系チェーンである。同カフェが、ボヘミアン気質と個性的なショップで知られるビーチ沿いのアートの街、アボット・キニー通りにオープンした店舗は、「個」のサービス、「エクスペリエンス(感動体験)」、「コミュニティ」をキーワードとした斬新な実験的店舗なのだ。


続きはこちら