「目の付けどころがシャープでしょ」といえば、おなじみのキャッチフレーズ。そのシャープさぶりは、目の付けどころだけではなく「値」の付けどころにも発揮されている。

照明マーケットのPEST変化

実は知らなかったのだが、家庭用照明器具はこれまで極めて閉鎖的な市場だった。過去何十年もの間、新規参入するメーカーはほとんど皆無だったらしい。なぜなら「白熱電球や蛍光灯管などの光源は専用設備で量産する設備産業のため、新規参入は実質的に不可能。そもそも成熟した照明市場にリスクを冒して参入する利点もなかった(日経産業新聞2009年10月2日付9面)」だったからだ。

確かに、今さら照明器具をぼんぼん付けるようなスペースが増えるはずもない。家やマンションは減少傾向にあるとはいえ、確かに毎年それなりの新築物件がある。しかし、そこはすでに既存メーカーが完全に押さえている。しかも、そもそも単価が安い商品である。後発メーカーが今から巨額の設備投資をしても採算に合わないわけだ。

が、この照明マーケットにパラダイムシフトが起こった。いわゆるPEST分析をするなら、変化はPoliticalとSocial、Technologicalの分野で起きた。まず大きいのは環境である。地球温暖化対応は巨大なうねりとなりつつあり、環境対策としての省エネ、省資源は避けられない動きとなっていたのだ。

このうねりを受けて前政権でさえすでに、大幅なCO2削減を打ち出している。そこで注目を集めたのがLED技術だ。


LEDが変えた照明マーケットの力学

LEDは理想の照明器具といわれる。なぜなら消費電力が従来の白熱球の約8分の1と少なく、しかも寿命は40倍に伸びる。極めてエコな照明器具なのだ。


続きはこちら