肩こりの原因の大半は首から肩周りの筋肉の過緊張による血行不良であるといわれていますので、血行を促進させることで肩こりが解消されるといわれていますが・・・


ハードなオフィスワークによって引き起こされる身体のトラブルの一つに「肩こり」が挙げられます。

「長時間PCに向かって仕事をしていたら肩がガチガチに・・・」なんてことも少なくないかもしれません。

この記事を読んでいる皆さんも肩こりに悩んでいるかもしれませんね。。。

ということで、今回は肩こりの原因と解消法についてご紹介させて頂きます。

肩こりの原因は様々ですが、その大半は首から肩周りの筋肉の過緊張による血行不良であるといわれています。

従って、首〜肩周りの骨格筋(筋肉)を、痛みや違和感のない範囲で動かすことで血行が促進され肩こりが解消されることが多いとされています。

なぜ、筋肉を動かすと血行が促進されるのかというと、筋肉が伸び縮みすることで血液を押し出すポンプの役割を果たし血液の循環を助けるからなのです。

血行を促進させるという点で考えれば、ウォーキング等の有酸素運動によっても肩こりを解消させることが可能となり、また同様に岩盤浴やサウナ等の温浴でも肩こりを解消させることが可能といえるのですが、これらはあくまでも肩こりの一時的な解消に過ぎません。

なぜなら、一時的に血液循環がよくなったとしても再び首から肩周りの筋肉が過緊張してしまうと肩こりを引き起こしてしまうからです。

従って、「なぜ首から肩周りの筋肉が緊張してしまうのか」という根本的な原因を見極め、首から肩周りの筋肉が過緊張してしまうのを防ぐことが根本的な肩こりの解消法なのです。

ところで、首から肩周りの筋肉が過緊張してしまう原因は人それぞれなのですが、その多くは姿勢の乱れ(不良姿勢)によるものだといえます。


続きはこちら