10月1日は、新卒の就職サイトが一斉にオープンし、就職活動シーズンがスタートする日ですが、就職活動に際して改めて思うことを、就活学生の皆さん(と大学のキャリアセンターの職員の方々)にメッセージしたい。
(インサイトナウの読者層と、やや違うのは申し訳ありません。)

いつのころからか、「就職活動は自己分析から」というのが常道になってしまいました。学生だけでなく、キャリアセンターの職員も一つ覚えのように「自己分析が大事」と繰り返しますが、これがいわゆるミスマッチや早期退社の原因のひとつになっているように感じてなりません。

私は、就活学生の皆さんに、「自己分析」なんていう大して意味ないことに力を注いだら、かえって失敗する危険性が高まるよ、と申し上げたい。理由は三つあります。

一つ目。
就職活動というのは、自分で自分と会社を上手にマッチングさせるという作業です。そのためには、自分のことと、マッチングさせる対象である会社のことを知る必要があります。だから自分のことを理解するために「自己分析」が必要だということなのですが、たとえ自分のことが分かったとしても、マッチングさせる対象としての会社や仕事を間違って理解したり、よく分からなかったりしたら上手なマッチンング出来ません。

会社や仕事が分かることが、学生さんに可能か。会社というものは、“自分”と同じように深い。会社や仕事とはそんな簡単なものではないし、だいたい会社の中にいてもなかなか分からないのに、広告や説明会や企業研究やらで理解できるはずはありません。だから、「自己分析ができたら、間違いのない会社選びが出来るようになる。」というのは、大間違いです。

二つ目。

続きはこちら