健康について考える。/野口 克彦
世界保健機関(WHO)では健康を「身体的・精神的・霊的・社会的に完全に良好な動的状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。」と定義していますが・・・

「皆さんは健康ですか!?」

人間は誰もが「健康でありたい!」そう願うのではないでしょうか?

が、「健康」とはどのような状態を差すのか明確に答えられる人は少ないのではないかと。

ただ単に病気や怪我を患っていなければ健康なのでしょうか?

ということで、今回は健康にまつわる話題でも。

世界保健機関(WHO)では健康を「身体的・精神的・霊的・社会的に完全に良好な動的状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。」と定義していますが、健康とはただ単に病気や怪我といった身体のトラブルがない状態を指すのではなく、一個人が身体的にも、精神的にも、社会的にも良好な状態であることであり、更には霊的にも良好な状態であることなのですが・・・

ここに「霊的(スピリチュアル)」というキーワードが出てくることに少なからずとも違和感を感じる人も多いかと思います。

「スピリチュアル」と聞くと、何ともカルト的、宗教的な感じがしますが、1999年のWHO総会において、健康の定義に「スピリチュアル」という言葉が加筆されたのです。

「スピリチュアル」という概念は日本人には馴染みがない概念かもしれませんが、スピリチュアルは人間にとって、あるいは、人間の健康について考える上で目を背けてはならない概念ではないかと考えます。

近年、メンタルヘルスの重要性が注目され、精神面と身体面の健康状態を保つことが重要であるといわれていますが、フィジカルヘルスやメンタルヘルスだけではなくスピリチュアルな側面における健康、すなわちスピリチュアルヘルスを良好に保つことが重要なのではないかと思うのです。


続きはこちら