月間利用者数約1900万人、掲載アイテム数5000万。日本最大の購買支援サイト『価格.com』が好調だ。世界的不況の中でも利用者は増え続け、業績も安定している。創業以来、着実な成長を遂げ、ホテル予約、グルメ、マンションなどさまざまなジャンルへと進出する株式会社カカクコム。その事業の柱である『価格.com』成長の秘密に迫る。

最終回 「値段の付いているもの、すべてを網羅したい」

■横展開、そしてモノからサービスへの展開

「値段のついているものはすべて価格.comで比較可能にしたいと常に考えていました。そこから次の展開が始まったんです」


パソコン関連の次にサイト掲載されたのは家電である。家電の次はエリアを秋葉原からお茶の水界隈にシフトし、一帯に多いスポーツ用品を扱うようになった。そしてブランド品へと慎重に扱い商品ジャンルを広げていった。

「一つ新しいジャンル展開するたびに、パソコンの比較と同じプロセスの繰り返しです。最初は何だお前らはという感じでメーカーさんにも店舗さんにも相手にされませんが、ユーザーを掴んでしまうと、力関係が微妙に変わっていく。そうやって一つずつ、新しい商品ジャンルを開拓してきました」

やがて扱うのはモノに限らなくなってくる。たとえば保険の一括見積もりだ。ちょうどタイミング良く保険の自由化が始まり、ここにビジネスチャンスありと見た価格.comは、保険の一括比較サービスを立ち上げる。

「ところが保険はサービスです。具体的なモノではないだけに難しかった。厳密に比較しようとすればするほど、各社ごとに微妙に保障内容やサービスが異なりますし、契約者のニーズによって必要な保障内容も全く変わってくる。いろいろな課題が浮き彫りになってきました。さんざん検討した結果、同一商品として一律に比較してみせることができないのが保険です。そこで考えたのが、ケースを示すことでした」


続きはこちら