大学では様々な研究室で、意義のある研究活動が行われています。
意義のある活動には、国も積極的に支援しています。

しかし、国民に活動内容がわからないままでは、癒着の温床として、反発すら招きます。

企業の営業担当は、発注を勝ち取るために、“わかりやすく説明すること”が求められます。
大学の研究でも同じではないでしょうか…?

◆本投稿記事は、毎日更新中のZ会ブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。


高等教育総合研究所さん
http://www.kosoken.jp/
と月1回くらい打ち合わせをし、様々な情報交換をしています。


高総研さんの関係で、早稲田大学先進理工学部電気・情報生命工学科
http://www.eb.waseda.ac.jp/2009/
の関係者の活動報告はメールなどでよく戴きます。

先日、「堀越教授の研究が戦略的研究推進事業に選ばれたようです!」と連絡を受けました。
かなり喜ばれているようなんですが、こちらからすると…

“戦略的研究推進事業、何それ…?”

という感じ。恐らく読者の皆さんも同じではないでしょうか。


調べると学科公式サイトにもしっかり告知があり、戦略的研究推進事業(CREST)の

戦略目標:「異分野融合による自然光エネルギー変換材料及び利用基盤技術の創出」
研究領域:「太陽光を利用した独創的クリーンエネルギー生成技術の創出」

という分野で受賞されたことが紹介されていました。
http://www.jst.go.jp/pr/info/info670/shiryou2-02.html


ふむふむ、CRESTというのがあるのか、他に何があるんだろう、と調べてみると…
僕の出身の、東京大学工学部都市工学科(都市環境工学コース/当時は環境・衛生工学コース)
http://www.due.t.u-tokyo.ac.jp/
からも、古米教授の「気候変動に適応した調和型都市圏水利用システムの開発」が採択されていました。
http://www.jst.go.jp/pr/info/info670/shiryou2-04.html

続きはこちら