【注意喚起】iPhoneから個人情報が漏洩している可能性アリ!

写真拡大

hello! iPhoneマスターのフレッツ・フォン・シュトロハイムです。今回はiPhoneの危険性について新事実がわかったので注意喚起の意味も込めてご報告したいと思います。これは『My iPhone.jp』がすでに注意喚起として広く iPhone のユーザーに対して伝えているので、そちらのページをあわせて読むことを強くオススメします。

・自分の家の住所がバレる
iPhoneで撮影した写真、皆さんはどこに掲載していますか? 『Twitter』ですか? それとも『mixi』ですか? 特に多いのはブログに掲載という方だと思います。でもちょっと待って! 面白い写真が撮れたからってすぐにブログに載せちゃうと、それがあなたの家で撮ったものならば、あなたの住所がバレちゃうんです。iPhoneで撮影した写真にはGeotag(ジオタグ)と呼ばれている写真を撮影した位置情報も組み込まれていて、細か〜く緯度と経度が記録されているんですね。その緯度と経度を調べれば、あなたのマンションや家がバレちゃうわけです。

・どんなソフトでバレちゃうの?
その Geotag情報はいとも簡単に誰でも知ることができます。たとえばAさんのブログに掲載されている写真を Geotag解析ツールで調べれば、緯度や経度だけでなく、地図でどこで撮った写真なのかすぐにわかるのです。これも『My iPhone.jp』で紹介されいますが、『Exif Viewer』がいまのところ最強の解析ツールでしょう。このツールは、どこで撮られた写真なのか Geotag情報をもとに地図で表示さてくれるわけですね。何気なく女子がちょっとセクシーな写真を撮ってブログに掲載したら、家をつきとめてやってくる変態がいてもおかしくありません。Geotag情報の恐怖は世界一と言っても過言ではないレベルの危険度です。

・そんじゃどうすればいいの?
いままで iPhone で撮った写真をブログに載せていたという人は、いまから画像を消すなりしないと危ないですね。しかし、Geotag情報の経度と緯度は、iPhoneの位置情報サービスをオフにすることで画像に記録されません。つまり、位置情報サービスをオフにして撮影していた人たちはビクビクすることはないということです。位置情報サービスをオンにしていた人はビクビクしなくてはなりません。今後、iPhoneで撮影した写真に Geotag情報を付けたくない場合は、今からすぐに位置情報サービスをオフにしましょう。もしくは、 Geotag情報を含めたExif情報(写真に付けられたあらゆる情報)を削除できるツールなどで一度写真の情報を消してからブログにアップロードすると良いでしょう。

重ねて言います。特に女性の iPhoneユーザーは変態が家にやってくる可能性がありますので、今まで位置情報サービスをオンにして家で撮影していたという人は今すぐ過去の写真を消しましょう(男性もストーカー女性に襲われるという危険性がなきにしもあらずです)。

変態は執拗に追いかけてくる習性がありますので、家だけでなくカフェや職場で撮影した写真も削除対象ですよ。ブログに掲載した写真があまりに膨大だという方はひとまずブログの記事をすべて非表示にして、写真をゆっくり削除していくといいでしょう(もしくは写真からExif情報を削除して再掲載するとよいでしょう)。

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりITニュースもあります