25日、中国で大学生を対象に行われたアニメ動画コンテストで銅賞を受賞した作品が、「YouTube Awards 2006」のMost Adorable賞を受賞した作品「Kiwi!」の盗作であることが判明し、大学側が賞を返納する騒ぎが起きた。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=35642">

写真拡大

2009年9月25日、中国で大学生を対象に行われた「アニメ動画コンテスト(NCAC)」で銅賞を受賞した作品が、「YouTube Awards 2006」のMost Adorable賞を受賞した作品「Kiwi!」の盗作であることが判明し、大学側が賞を返納する騒ぎが起きた。広州日報が伝えた。

問題の作品は、「2009全国大学生原創(オリジナル)動画大賞(NCAC)」で銅賞を受賞した「創造天空」。南海東軟信息学院という私立大学でアニメーション専攻の学生が出品したものだった。ネットユーザーの指摘で発覚した。オリジナルの最初と最後に中国語の字幕を付けただけの完全なパクリ作品だった。

【その他の写真】

大学側はコンテストの実行委員会に謝罪文を送り、受賞の取り消しを申し出た。出品当時は卒業間近で指導教官とのコミュニケーションが不十分だったため、目が行き届かなかったと説明している。

中国では先日、中国中央テレビ(CCTV)のアニメ3作品が日本アニメ「クレヨンしんちゃん」「秒速5センチメートル」「ポケットモンスター」「ナルト」などをパクっていると指摘されたばかり。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
「クレヨンしんちゃん」のパクリでは?07年放映の“純国産”アニメに疑惑続々―中国
国営テレビ局放映の“感動大作”アニメ、実は日本作品の丸パクリ―中国
中国TV局がまたまた日本アニメをパクる!今度は「ナルト」や「ポケモン」―中国
東方神起のパクリ?5人組アイドル「至上励合」に集まる冷たい視線―中国
第2の「華南トラ」事件?今度は「チベットカモシカ」の捏造が発覚―中国