【東京ゲームショウ】もっとコミュニケーションしたくなるかも? ときめきメモリアル4

写真拡大

東京ゲームショウで新たな情報をキャッチした。美少女ゲーム、恋愛シミュレーションといったカテゴリーの代名詞の一つであるこのゲームシリーズ、『ときめきメモリアル4』が2009年12月3日にPSP版で発売されるのだ。

あのときの”ときめき”を再び蘇らせて胸をときめかせたい……。そんな期待をしていたユーザーが多数いるのではないだろうか。今回のPSP版は「きらめき高校」で3年間の青春を過ごすことができる。そう、あれから15年の月日がたった「きらめき市」が舞台なのである。

人生一度きり、だから「彼女」とたくさんコミュニケーションしたい! その欲求を誘うあたらなる機能が今回の新作で注目すべきポイントだ。

今までのゲームのシステムでは、画面にセリフと説明が流れ、順番にユーザーが確認しながら選択をするなどして一歩一歩進めるようなイメージであった。はやる心を抑えつつプレイする、という形になるだろう。だが内心では、もっと好きなタイミングで「彼女」の声を聞きたい、話したいと思っている人たちがいたのではないかと思う。今回のコミュニケーションシステムでは、その部分が解決されていると筆者は感じた。

今回は「彼女」といつでも好きな時に会話ができ、そのタイミングでさまざまなストーリーが展開していくのだ。例えば、先生に見つからないよう授業中に「彼女」とひそひそ話。会話が見つかって何度も注意された揚句に、聞き逃してしまったところを先生に質問され、答えられず先生に怒られる。このような誰でも経験(もしくは妄想)したようなことがこのシステムでうまく表現されており、まるで自分が怒られているかと錯覚するような感じを覚えるかもしれない。

また、モバイル版も近い時期に配信開始予定とのこと。こちらはPSP版と違うストーリーで構成されており、携帯版オリジナルの幼馴染キャラである”井ノ倉葵歩(いのくらきほ)”との甘酸っぱい青春を共有するときめき体験が用意されているとのことだ。そしてなんと! 卒業までタイムリミットは約1か月! この1か月を有意義に過ごすのは主人公であるあなた次第!? かも……。

■最近の注目記事
【東京ゲームショウ】ゲームメーカー美少女コンパニオン集! 第一弾
【東京ゲームショウ】ゲームメーカー美少女コンパニオン集! 第二弾
【東京ゲームショウ】独占スクープ!Xbox360執行役常務「まだ日本での値下げはない」
【東京ゲームショウ】新作『龍が如く4』キター! キャバ嬢とウハウハ写真を撮ろう
【東京ゲームショウ】ジャレコ社長「毎年エアコンがきかなくて会場が暑いんだよ!」