なるほど

写真拡大

   <テレビウォッチ> 「東京ゲームショウ2009」がきのう(9月24日)から幕張メッセで始まった。27日(日)までの4日間。出展180社で、18万人の人出を予想という。さっそく海附雅美が体験レポートだ。


   体感ゲームといえば、2006年にニンテンドーが出した「wii」がさきがけ。850万台の大ヒットになったが、今回は各社ともこれに力が入る。海附が挑戦したのは、マイクロソフトのゲーム。

   画面に自分の姿が映って、飛んでくるボールを受けるだけだが、コントローラーなしで、体の動きがちゃんと画面に反映する。どういう技術なのかは秘密だそうだが、海附はへとへとになるまで動き回っていた。

   一般ゲームでの革新は、ソフトを挿入するタイプからネットからのダウンロードへの移行だ。その分本体も小さくなり、ソフトの数は増える。携帯電話のiPhoneにはなんと2万本以上のソフトがあるんだそうだ。

   今回「スッキリ」が注目したのは、東大と慶応大が開発した「グラビティ・グラバー」。親指と人差し指にセンサーをつけてプラスチックの小箱を持つと、画面の小箱にボールが入ると、その感触、重さが指で感じられるというもの。

   これをスタジオで、まず加藤浩次が。「なるほど。あ、2個になった。動いてる」。ボールの代わりに、カエルみたいな動くものが入ると、「虫がいるみたい。笑っちゃう」

   開発者は、「立体映像に触れられる。また、ロボットの感触を感じられる」と開発の意図を説明。例えば、テレビショッピングで触ってみられるとか……ともいう。

   テリー伊藤は、「女の子の体の感触もいけるね」

   さかもと未明も、「ハグできますね」

   加藤は「全身もできますか」「できるかもしれません」

   みんな口々に「離れている彼女に触ったりも」「剣道の打撃も感じられるか」

   「3Dのものを作ると面白いね」とわいわい。

   今後は、ロボットを操縦したりするときに応用を考えているという。確かに、抵抗や重さを感じられたらすごいことだが、みんなどうも、彼女に触るのが第一の関心亊のようだった。

ヤンヤン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新しい会員サービス「もっと!J-CAST」スタート!ショッピング、限定クーポン、メルマガ・・・J-CASTニュースをもっと!楽しむサービスを提供中!!