【東京ゲームショウ】スタジオジブリがゲームに進出か? 透き通った心の少年の冒険『二ノ国』

写真拡大

レベルファイブは、『ニンテンドーDS』向けに開発しているファンタジーRPG『二ノ国』を2010年春に発売を予定している。今回、目玉となるのは、アニメーション作画をジブリが、そして音楽を久石譲が担当すること。ジブリがゲームに進出する前触れを思わせるようなタッグで話題になるだろう。声優陣も豪華な顔ぶれだ。そして、何といってもゲームのデータは、最大容量である4GBのROMを使用するほどの大作である。それは、妥協を許さない制作者陣のこだわりのあかしだろう。

ブースではニンテンドーDS版は体験ができるようになっており、高クオリティでストレスを感じないアニメーションとともに展開していくストーリーが手にとって楽しめるようになっていた。進んでいくストーリーとともに、ゲームが演出的に効果的にちりばめられており、プレイヤーが主人公として感情移入しやすいところがポイント。また、いろいろな展開を臨場感たっぷりに体験できるように工夫されており、ヘッドホンにはこだわりたいほど音楽にも力を入れている。

このゲームの特徴がまだある。ストーリーを進めるにあたって魔法が必要となっており、所々の必要なポイントで魔法の呪文を唱える必要がでてくる。そこで重要なのが「マジックマスター」という指南書であろう。今回のゲームショウでの体験版においては魔法の操作が画面に表示されていたため、特に指南書を使うことはなかった。しかし、実際には本という形で付属するため、指南書を見ながら適した呪文を唱えることになるそうだ。

また、NTTドコモ向けに携帯電話用ゲームが2009年秋に配信を予定しており、レベルファイルのゲームサイトである『ROID』にて楽しめる予定になっている。こちらは『二ノ国』の序章を中心とした、『ニンテンドーDS』版の本編より前の時間軸が舞台となり、RPG中心のゲームでのストーリを展開が中心となる。はやく体験したい人は要チェック!

・関連リンク
『二ノ国』公式サイト

■関連記事リンク
あれ? 『オレ的ゲーム速報』の管理人じゃないスか! 東京ゲームショウに出現
【東京ゲームショウ】本格SLG『三国志TOUCH』【iPhone】
東京ゲームショウ2009美女コンパニオン集! 第一弾