日常生活に欠かせない通話装置となった携帯電話が通話の代名詞といわれる前は、固定電話がその座にあった。固定電話が主役の座を携帯電話に譲った理由は、携帯電話はキャリアのサービスエリア内であれば外出先でも通じるのに対し、固定電話はそこの場所でしか使えないというデメリットがあったからだ。

しかしながら電波を利用する携帯電話と異なり、有線回線を利用する固定電話は通話が途切れない、料金が安いなどのメリットもあった。

最近では、とかく忘れられがちな固定電話だが、zigsowでは懐かしい電話機やデザインがユニークな電話機など、多数の固定電話が登録されているのだ。

早速、zigsowユーザーの熱い口コミを少しだけのぞいてみよう。


■個性豊かな固定電話たち
zigsowユーザーは、いったいどんな固定電話に興味を持っているのだろうか? 何か、こだわりはあるのだろうか?

・電電公社4号A自動式電話
30歳以上の人のなかには、思わず懐かしさがこみ上げてくる人がいるかも知れない。4号A自動式電話は、いわゆる「黒電話」だ。昭和36年製の岩崎通信社で生産され、多くの一般家庭に普及した。

zigsowユーザーのなかには、モジュラージャックに換装して実際に使った人もいるが、今でも問題なく使うことができるうえに、IP電話の端末としても使えたそうだ。とはいえ、ダイヤル式の回線でなければ、電話を掛けることはできない。

肩と顔で受話器をホールドしつつ、通話内容をメモするには最適なズッシリした重量感と大きさに、かえって魅力が感じられるようだ。
電電公社4号A自動式電話

・電電公社 輸入固定電話 NT-2500E TEL
通称「ココアブラウン」と呼ばれた、米国のノーザンテレコム社製の電話機。電電公社が「NT-2500E TEL」という名称でレンタルしていた。

プッシュホンタイプの固定電話機だ。ボタンのひとつひとつにアルファベットが表記されており、ベル音がアメリカ人向けに作られている。1980年代のアメリカ映画などでよく聞けるベル音となっている。

ユーザーの動作チェックによると、ダイヤル回線やプッシュ回線、プロバイダのIP電話、光回線のひかり電話と、すべての回線で動作し、通話も良好とのことだ。
電電公社 輸入固定電話 NT-2500E TEL

・Telephone 610
プロダクトデザイナーの岩崎一郎氏が手掛けた韓国メーカーの電話の子機。
ユーザーによると、ヨーロッパ調のカラーリングや、ボタンの色づかい、フォントの選択などの美的センスが素晴らしく、ボディのゆるやかなカーブが手に取ったときにぴったりフィットするなど、五感に訴えるデザインが秀逸とのことだ。
Telephone 610

・BeoCom2
シャワーヘッドのようなボディが大きな特徴の固定電話。ユーザーによると、映画「プラダを着た悪魔」で、主人公が友人にプレゼントした電話だという。

海外製の固定電話だが、キートップは数字と記号のみの表記なので、英語表示に設定すれば、フランス語やスペイン語を知らなくても使うことができるそうだ。
BeoCom2

・GE 電話機 シルバー
近未来の都市にあるかのような斬新なデザインの固定電話。
所有者によると、GEの冷蔵庫を彷彿させるステンレス製のボディーがとってもクールだという。
GE 電話機 シルバー

・R2-D2 電話機
スターウォーズのファンであれば、喉から手が出るほど欲しい一品かも知れない。
ユーザーの写真によると、左腕が受話器になり、着信すると「ピコピコ」と言いながら首を振るという。
ただし、着信音の音量が調節できないので、「ぶっちゃけ、やかましい」とのこと。
R2-D2 電話機

・Talk Blaster
アメリカの子供向けアニメチャンネル「ニコロデオン」が90年代にリリースした遊べる家電シリーズの固定電話。
ユーザーによると、子供用なので、受話器が異様に大きいという。

写真を見ると、かなり派手な外観だが、実際に部屋に置いてみると、予想に反してかなり良いそうだ。ちなみに、ユーザーの事務所のメインの電話機だという。
Talk Blaster

固定電話にも、まだまだ楽しみや夢が残されている。固定電話が自宅にある人は、zigsowに登録されている固定電話の口コミを買い替えの参考にしてみては如何だろうか。

固定電話 一覧

zigsow(ジグソー)
いろいろなジャンルで情報感度の高い趣味人が集うレビューコミュニティ。なかなかお目にかかれないレアモノや、こだわりの逸品など、ユーザーが濃いレビューを公開している。話題の製品などがもらえるモニタ企画も人気だ。

もっと口コミ モノ・トレンドを見る
そんな傘まであるの? 雨や日をよけるだけじゃない「傘」の世界
身近なモノだから熱くなれる!こだわりの「文房具」
ふだん使うモノだからこそ、奥が深いパソコンの「マウス」
模型だけじゃない!乗車券だけでも満足できる「鉄道」の世界