「デビルメイクライ」や「ビューティフル ジョー」、「大神」などを生み出したゲームデザイナー・神谷英樹が担当した新作「BAYONETTA(ベヨネッタ)」が東京ゲームショウ2009でプレイアブル出展されていました。神谷英樹による作品はレベルの高いグラフィックデザインとゲーム性を兼ね持っていて、毎回期待度が高いのですが、今回はどのようなゲームになっているのでしょうか。

詳細は以下から。
主人公となるのは記憶を失った魔女のベヨネッタ。魔女だからかどうかは分かりませんがすごい服です。


ゲームロゴ。


「BAYONETTA(ベヨネッタ)」がプレイできるセガブース。


マイクロソフトのブースでもXbox 360版がプレイできました。


出展されていたゲームをプレイする様子。


打撃と共に銃弾を撃ち出す格闘術「バレットアーツ」を使うベヨネッタ。


愛銃は四丁一組の「スカボロウ フェア」。




銃は手足に装備して通常攻撃後に射撃を行います。


髪を触媒にして行う「魔人召喚」。


基本の攻撃はパンチとキックですが、刀や銃など様々な武器を組み合わせて多彩な攻撃アクションが可能となります。






巨大な敵も多数登場。




発売予定日は2009年10月29日で、対応機種はPS3とXbox 360。価格は税込7980円となっています。

BAYONETTA - ベヨネッタ | OFFICIAL WEBSITE
http://bayonetta.jp/index.php


・関連記事
東京ゲームショウ2009開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

はるか昔と現代で理想の女性像が変わっていることを表すイラスト - GIGAZINE

イスラエル軍に所属している女性兵士の写真 - GIGAZINE

世界の女性兵士の写真 - GIGAZINE

睡眠時も外さずに1ヶ月間装着可能なソフトコンタクトレンズ - GIGAZINE

記事全文へ