第2期のアニメ放送も決定した戦国武将を操るアクションゲームのシリーズ最新作「戦国BASARA3」。内容的にはコーエーの「無双」シリーズそっくりですが、戦国BASARAでは各武将たちが個性的にアレンジされ、英語を話す伊達政宗やロボットのような本多忠勝など、キャラクターの魅力を前面に押し出しているゲームとなっています。

前作の「戦国BASARA2」が発売されたのは2006年で、かなり期間をおいての新作となっていますが、東京ゲームショウ2009ではステージイベントが開催されゲームの様子が見られるようになっていました。

詳細は以下から。
カプコンブースでは巨大な看板が。


3で主人公となる徳川家康と石田三成。


2人の主人公。


徳川家康と猿飛佐助の戦闘ムービー。


君子殉凶、石田三成。慕っていた豊臣秀吉を倒した徳川家康に激しい憎悪を燃やす。


石田三成プレイムービー。


奥州筆頭、伊達政宗。これまでのシリーズでは無敵の強さをみせていたが、今回は,三成の攻撃によって地に伏せる。


天覇絶槍、真田幸村。今回は武田信玄に代わって武田軍をひきいます。


ブースの壁に写し出される二人の主人公が。


シリーズプロデューサーの小林裕幸さんが解説をしていました。


織田軍が滅亡し、秀吉が倒され、時代は関ヶ原に。


徳川家康。


石田三成。


石田三成の技「断罪」。


徳川家康のバサラ技。


三成VS家康。


ムービーは準備完了次第掲載しますので、しばしお待ち下さい。

・関連記事
戦国BASARAの武将たちをモチーフにしたお茶やスポーツドリンクなど各種ドリンク試飲レビュー - GIGAZINE

好評放送中のアニメ「戦国BASARA」、2010年に第2期”出陣”が決定 - GIGAZINE

「レッツ・ピザパーリィ!」と叫びたくなるピザハットの戦国BASARAピザボックス - GIGAZINE

戦国BASARAのどら焼き「バサどら」や「BASARA饂飩」試食レビュー - GIGAZINE

「戦国BASARA」作中登場の伊達政宗の兜を再現して展示、そして近日発売 in TAF2009 - GIGAZINE

記事全文へ