任天堂が本日、家庭用ゲーム機「Wii」の値下げを正式発表しました。

ライバルとなるソニーがPS3の1万円値下げに踏み切ったほか、一部で値下げされるのではないかというウワサが流れていましたが、ついに任天堂も値下げに踏み切るようです。

詳細は以下から。
Wiiの価格改定について | ニュースリリース:2009年9月24日

このリリースによると、任天堂は10月1日から家庭用ゲーム機「Wii」のメーカー希望小売価格を現在の2万5000円から2万円に改定することを決定したそうです。

なお、任天堂は2009年6月末までに国内市場でWiiを817万台売り上げており、全世界では5262万台を売り上げたとのこと。

また、任天堂はこの値下げについて、Wiiが更に多くのユーザーにとって「取り巻く人々を笑顔にするマシン」になれるように努力をするとしています。

・関連記事
本体価格の値下げ効果、PS3とXbox360で大きく明暗が分かれる - GIGAZINE

「まだ死にたくない」、販売不振のWiiソフトメーカーがブログ上で悲痛な訴え - GIGAZINE

ソニーや任天堂がゲーム事業で大きな動きか、IBMに大規模な発注 - GIGAZINE

任天堂が初心者向けにゲームの難しい部分をスキップできる機能を搭載へ - GIGAZINE

記事全文へ