武将になって、戦国時代を駆け巡ろう。ケータイ用無料ゲームが登場した。

株式会社アクアブルーは、携帯電話用戦国アバターゲーム「武士魂(ぶしだま)」をリリースした。

「武士魂(ぶしだま)」は、ユーザーの分身となるアバターを使って戦国時代を駆け巡るゲームだ。自分が戦国武将になりきって、実際に存在する他のユーザー同士で戦うことができるのが特長だ。

ユーザーは、武士のアバターを使って武器や防具を城下町で買い揃え、身に着けることによって、見た目はもちろん、さまざまなパラメータが変化していく。また、戦いを重ねることによって段(=レベル)が上がり、武士はどんどん強くなっていく。昇段時には自分の好きな能力を上げることができるので、ユーザーごとに違ったアバターを作成できる。

さらに、「武士魂(ぶしだま)」では近日中にコミュニティ機能も実装する予定だ。日記やコミュニティなどのSNSによって、アバターを通してコミュニケーションも楽しめる。武将になりきって、仲間のユーザーと戦略を話し合うのも良いだろう。
(TechinsightJapan編集部 鈴木亮介)

【関連記事】
直江兼続と石田三成で、ボーイズラブ? 天地人ケータイコミック第二弾
異色コラボ実現!戦国メイドカフェ&バー登場
アクテプライズの「のぼり旗USBメモリー」戦国武将編第2弾登場
女性ファン必見! 戦国BASARA3が発表
大河ドラマの殺陣師として活躍 林邦史朗さん、芸能生活50周年
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!
【参照】
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=45424