東京ゲームショウの業者日チケットがヤフオク転売されている

写真拡大

9月24〜27日まで開催されている東京ゲームショウ。このイベントは、世界中のゲームが集まるゲームの祭典として多くのゲームファンや業界人が注目しているイベントである。9月24〜25日はビジネスデイ、つまり業者日であり、一般人は入ることができない。この日はゲーム業界の人やマスコミのみが入ることを許されており、特にマスコミは事前登録している人しか入れない。

・東京ゲームショウ公開日
9月24日(木曜日) ビジネスデイ
9月25日(金曜日) ビジネスデイ
9月26日(土曜日) 一般公開日
9月27日(日曜日) 一般公開日

9月26〜27日は一般公開日なので、誰でも入場することができる日となっている。しかし、心無い人がビジネスデイのチケットを転売するため、インターネットオークションサイト『Yahoo!オークション』に出品。数万円の値がついたものもあり、多数が落札されている。

東京ゲームショウのビジネスデイチケットは事務局により換金やインターネットオークションによる転売を禁止しており、入場時にはゲーム業界の人であることを示すことができる名刺を受付で渡さなくてはならない。つまり、このチケットで入場するということは、転売で入手したという違反と、ゲーム業界人でないのに入ろうとした違反の、ダブルのルール違反となる。

もし、あなたが購入した人物だとしたら? インターネットオークションで購入したチケットであることが判明した場合や、自分の立場を偽って名刺を渡すなどの行為(ライターのふりをするなど)が発覚した場合、それなりの覚悟をしておいたほうがよいだろう。もし落札してしまったのであれば今からでも遅くはないので落札を取り消そう。もともと転売を禁止しているチケットなのだから、インターネットオークションで手に入ること自体がおかしいということを考えよう。

『Yahoo!オークション』に出品していることを発見したゲームブログ『オレ的ゲーム速報@刃』の管理人は、「ホラみろ! ちゃんとチケットの裏にオークションで販売禁止って書いてあるじゃないか! まったくけしからん!」と、憤慨している様子。ここは不正に入手したチケットではなく、おとなしく一般日に入って楽しむのが得策といえよう。

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりゲームニュースはいかが?