9月3日に薄型化され、3万円を切る価格で新登場したソニーのPS3ですが、本体価格が値下がりを続けていることが明らかになりました。

発売4日間でPS3史上最高となる15万台を売り上げるなど、値下げ効果が絶大な威力を発揮していますが、はたしていくらまで値下がりしたのでしょうか。

詳細は以下から。
価格.com - SONY プレイステーション3 HDD 120GB チャコール・ブラック CECH-2000A 価格比較

大手価格比較サイト「価格.com」によると、9月20日0:15現在、新型PS3が2万6608円で販売されています。ちなみに発売前の最安価格だったAmazon.co.jpの2万8380円と比較すると、1772円(送料込みの場合1372円)お買い得という計算になります。ちなみに初代PS3の発売当初の価格は、60GBモデルがおよそ5万9800円であったため、新型PS3はその半額以下ということに。

価格変動履歴はこんな感じ。9月3日の発売から2週間で最安値も平均価格も下落しています。

価格.com - SONY プレイステーション3 HDD 120GB チャコール・ブラック CECH-2000A 価格変動履歴


歴代ソフト最高となる圧倒的な予約数を実現したスクウェア・エニックスの人気RPGソフト「FINAL FANTASY XIII(FF13)」をはじめとした数々のソフトの発売を年末に控えているPS3ですが、この調子で本体価格の下落が続くのであれば、従来とは比べものにならないペースで普及する可能性も考えられますね。

・関連記事
本体価格の値下げ効果、PS3とXbox360で大きく明暗が分かれる - GIGAZINE

スクウェア・エニックスの「スターオーシャン4」がPS3に移植、追加要素も - GIGAZINE

新型PS3発売開始、一番お買い得な交換用HDDはどれなのか? - GIGAZINE

「グランツーリスモ5」の発売日が判明か、PS3本体同梱パックも登場へ - GIGAZINE

記事全文へ