10月、11月と2カ月連続で世界タイトルに挑戦するボクシング亀田兄弟。その練習拠点はもちろん亀田ジムだが、その内部にはある秘密が隠されている。



 亀田ジムには、リングやサンドバックといった練習に必要な用具一式はもちろんそろっているが、実は動物もたくさん“生息”しているのだ。

 ジムの門番としてドーベルマンのロデムがおり、不審者を常に監視している。その他にもレオ(ミニチュアダックスフント)とネネ(トイプードル)を飼っている。この2匹は亀田兄弟がランニングパートナーとしてよく連れて行くという。



 もちろんペットは犬だけにとどまらない。熱帯魚や“亀田家”だけに亀も飼育されている。1匹は浴槽で飼われており、もう1匹はジム内の一室で放し飼いにするほど巨大だ。

 興毅は「オヤジがめっちゃ好きやねん。次から次へと。将来、動物園出来るんちゃうか」と壮大なプランをぶち上げた。

 さながら“亀田ジャングル”といったところだが、ボクシングの方では再び道に迷わないことを祈っている。

【他にはこんな記事も!!】
K-1 小比類巻が魔裟斗のラストファイトに名乗り
IGF 15歳の定アキラデビュー
蝶野「武藤、小橋と凄い事やる」

リアルスポーツとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!