1984年に開発され、世界中で親しまれている「TETRIS(テトリス)」を巨大化させたとんでもないゲーム「TETRIS デカリス」が現在幕張メッセで開催中の第47回アミューズメントマシンショーで出展されました。

壁に投影してプレイできるため、なかなかド迫力のテトリスとなっています。

詳細は以下から。
「TETRIS デカリス」は壁に投影してプレイすることが可能となっています。


実際に壁に投影してみたところ。かなり巨大です。


ラインアタックやスコアアタック、2人対戦プレイなどが可能


モード選択


スティックも巨大です


スティックの先にボタンがあり、ブロックの回転などが可能


2人対戦プレイ


YouTube - 「TETRIS デカリス」プレイムービー


なお、稼働は今冬を予定しているそうです。

・関連記事
第47回アミューズメントマシンショー開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

記事全文へ