リーマン・ショックから1年。昨年の今頃と比べ、モチベーションが下がった中間管理職の「次長・課長」が約4割に上ることが明らかになった。モチベーションが下がった理由は、企業の「業績不調」で、「給与」「下がる」「減る」などの用語が、キーワードとなっているようだ。

人事コンサルティング会社のJTBモチベーションズが、金融、IT、製薬・化学・化粧品の全国の課長クラス、次長クラスの会社員619人に実施した調査によると、昨年の今頃と比べ、「モチベーションが下がった」「やや下がった」と回答した課長は全回答者の37.5%、「一定レベルを維持している」は43.3%、「モチベーションが上がった」「やや上がった」という課長は、17.9%だった。

 モチベーションが下がった理由として、64.7%が「職場や組織の業績が不調」を選択した。自由記述では、「給与」「下がる」「減る」というキーワードが頻出し、「仕事で成果を挙げても給与が上がらない」などの窮状が報告されている。

一方、モチベーションが「上がった」「やや上がった」「一定レベルを維持している」という課長387人のうち51.2%が、「自分で意識してモチベーションを保つようにしている」など努力している姿が浮かび上がった。

  モチベーションが上がっている課長は、「極力、部下の良い点を見る(45歳、神奈川、IT)」「成功体験等を読んで疑似体験を通じて、そこを目指そうと努力する(41歳、滋賀、製薬)」など、「部下」「コミュニケーション」「読む」などのキーワードで、自らのモチベーションアップを実現しているようだ。

  また、この1年間でモチベーションが上がったときの、特徴的なキーワード(自由記述)は、金融では「達成」「目標」「上司」、ITでは「顧客」、製薬・化学・化粧品では「業績」だった。一方、モチベーションが下がるときのキーワードは、金融は「上司」、ITは「プロジェクト」、製薬は「会社」だった。

  業種別では、ITの課長にモチベーションの低下傾向が見られ、深刻な景気低迷の影響が見られる。

  部下のモチベーションアップ対策では、部下の支援・育成を実行している課長は、「社内でも評価されるような、その部下にとって実現可能な課題を与えている」など、仕事に密着した、具体的なモチベーションアップ策を実施しているが、実行していない課長は「言葉に出して褒める」などの言葉かけによるモチベーションアップ策や、「一緒に酒を飲む」などのノミニュケーションでやる気向上を図っているようだ。


◆関連ニュース
残業時間減少「20時間未満」が5割 景気低迷の影響か(2009/9/15)

会社選びの新基準 「会社の規模・知名度」よりも「仕事内容」重視の傾向が鮮明に (2009/9/11)
転職後の不安、年齢で違い 「人間関係」「会社の成長」「スキル」など (2009/8/28)
100年に一度の大不況でも不足している職種とは? (2009/8/21)
ビジネスパーソンが選ぶ働きたい業界No1、金融業界は未だに人気! (2009/7/30)
“婚活”と“転活”は反作用!? 既婚者は転職に保守的だが、仕事は充実 (2009/7/28)
ビジネスマンが羨む!?“華麗な転身”を遂げた芸能人ランキング1位は?(2009/7/24)
新卒とは視点が違う!? 転職人気企業No.1はあのメーカー(2009/6/24)
今時の転職志向,給与と福利厚生が充実してれば職種は何でもいい!?(2009/6/5)
求人が激減! 正社員有効求人倍率0.27倍 昨年同月の半分に(2009/5/29)
若手会社員2人に1人が、夏のボーナス次第で転職検討!?(2009/5/28)
「転職厳しい」7割超 打開策は"資格取得"と"給与条件の見直し"(2009/5/26)