人気漫画家・唐沢なをき先生が突然のNHK取材拒否

写真拡大

人気漫画家の唐沢なをき先生が、NHKの取材を拒否したことにより、番組も放送中止になったことが判明した。唐沢先生はNHK-BSの人気番組『マンガノゲンバ』の取材を受けていたものの、途中で取材を拒否。最後まで取材ができなかったため、唐沢先生が登場する回はお蔵入り(放送中止)ということになった。

このことは、唐沢先生の公式ブログ『からまんブログ』( http://blog.nawosan.com/ )で妻の唐沢よしこさんが明かしたもので、次のようにコメントしている。

NHK-BSで放送している『マンガノゲンバ』の取材を受けたと書きましたが、残りの取材を拒否してしまいました。つまり、放送も中止です。(中略)ガマンしようと思ったんですが、耐えられなかったです。すみません」。

また、楽しみにしていたファンの人たちに対しても「放送を期待してくれていた方もいらしたと思うんですが、大変申し訳ありません」とお詫びしている。よしこさんは「ガマンしようと思ったんですが、耐えられなかった」と発言しているだけに、取材スタッフとのトラブルや意見の違いなどから問題が生じたのではないかと思われる。

その肝心な取材拒否の理由は「で、なんで中止したのかというと……と、書こうと思ったけど、これはもうちょっとなをさんと話し合ってから書きます。すみません!」ということでブログで明確に書かれていないものの、よほどのことがあったに違いない。

テレビ取材に詳しい番組制作プロダクションのT氏にこのことについてお話をうかがったところ、「取材スタッフは世間の人たちが思っている以上にワガママで時間にルーズです。頭に思い描いたイメージを映像として得たいという考えがワガママになることが多いですね。時間にルーズなのはADやディレクターがしっかりすれば何とかなることもありますが、うまく時間通りに進まないのが取材というものです。でもまあ、取材を受ける側としたら、頭にくるでしょう。唐沢先生の怒りの原因はわかりませんが、怒って当然のことも多々ありますから、拒否したくなる気持ちはよくわかります」とのこと。

ちなみに、この番組が実現していれば『ヌイグルメン!』という漫画をとりあげて放送する予定だったという。NHKで紹介されなくなったと聞くと、『ヌイグルメン!』が異様に気になってくるのは記者だけだろうか。どんな漫画なのか、これからインターネットで調べてみたいと思う。

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりニュースはいかが?